2005年11月

30日(水) 生後183日目


避妊手術から2日目。いよいよお迎えの日。
(って、たかだか1泊入院だけどネ)
午後の診察開始16時に合わせ、仕事を早退(超巻巻)し、いざ病院へ。
時間ピッタリについたのに、待合室はすでに7人待ち。とりあえずは会計を済ませ、薬と、これからについての説明を受ける。
薬は化膿止めの抗生剤で5日間朝晩投与、抜糸は10日後を目安…とのこと。
でもって、お会計は事前告知通りの45000円+外税=47250円也。うぅ〜む…一概に高いと決めつけるモノでもないけど、やはり相場からすると高い方…。払いながら、「犬貯金してて良かった」としみじみ思ったりもする。

20分ほど待って、診察室に呼ばれる。
鈴音はめげきっていて超ローテンション。何されてもガチガチのコチで、ずっとキュンキュン言っていたが、見た限り元気そうだ。
先生から、手術はトラブル無く終了したこと、摘出した部位(周辺)に問題は無かったこと、その前に行った血液検査でも異常はなかったこと、入院中はずっとイイコで寝ていたこと、昨晩は元気が無かったが今朝はフードもがっついて食べたこと…などを聞かされ、安堵。(どこまで本当でどこからがフォローなのかはちょっと怪しかったけど)
次いで、鈴音をひっくり返して患部についての説明も受ける。
切った場所は、下腹部の一番胸側のおっぱいから次のおっぱいをちょっと過ぎたあたりまでで、お腹の中央を縦に5cmほど。そこを、やや皮膚を摘むように6箇所縫ってあり、糸は金属製。(昔ながらの荷札を括る針金に見えなくもない…)
今のところは患部を気にしてないけど、あんまり気にして舐めるようなら…と、エリザベスカラーを渡され(とりあえず着けられ)、改めて「抜糸は10日から2週間後。様子を見つつ何かあったらすぐに連絡して」と釘を刺され、病院を後にする。
そのエリザベスカラー…車に乗り込む際にあんまりにガッツンガッツンぶつけるので、とりあえずは外して、様子を見ることに。

帰りの車内でも家に帰ってからも、鈴音のテンションは低く、挙動不審というか鬱が入ったような状態だった。
一番はじめにバルコニーに出たがり、出るとまず水をがぶ飲み。そしてふらつく足で一周すると、肌寒い夕暮れ時だというのに横になってしまう。具合も具合なので担ぎ込んで部屋に収容すれば、触られるのを嫌がってサークルの奥で丸くなり、呼んでも無反応。
家族が帰ってきても、やっぱり触られると逃げ出す始末。唸ったりするでもなく、嫌がって鳴くでもなく、ひたすら無言なのが、テンションの低さを物語っていた。
こんなんなので、散歩をどうするか迷ったが、まずはそっとしておくことに。ちょっと早めの夜食餌(+薬入り)を与え、しばらく寝かせておく。(ついでに昨夜あまり眠れなかった飼い主も夕寝…)

22時頃になって、外に出たい催促。
バルコニーに出すが、元気に飛び跳ねる一方で排便の気配無しだったので、促すのも兼ねて散歩に出る。近所をスローペースで一周、時間は15分ほど。
歩きながら、後ろ足で腹を気にする鈴音。やはりいつもと勝手が違うらしく、結局排便はせず終い。(シッコはちょろりと)
でも、なんとなく、普段のテンションに戻ってきたような…。
明日になればもういつも通り…かな?

まだ今後の経過がどうなるかわからないけど、術後1日としてはまずまず。
気がかりだった精神的ショックも、重症ではないようで一安心。(抜糸まではまだまだ気が抜けないけど)
エリザベスカラーについては、患部をペロペロ舐めたりはしてないので、差し当たっては着けないことにする。(歩く時にちょっとふらついたりするけど、痛みという部分ではそんなに気にならないみたい)
これから完治していくにつれて痒くなったりするだろうから、そのうち着けるかも?
避妊手術。なんとか無事に生還。



29日(火) 生後182日目
あっという間に来た、避妊手術当日。
「朝はご飯と水を抜いて。水は起きた時に下げる感じで」て言われていたので、朝は何も与えず。
ご飯については、ネボスケな飼い主を持ったためか、「くれよ!」と催促することは無し。(休みの日だと、遅い朝散歩の後でお昼頃なんてざらなので)
一方、水…お皿は下げたものの、水瓶(植木用)がいくつかあるので、ひょっとしたら少し飲んじゃったかも。

水が飲めないから散歩はどうしようと思ったが、やはりウンニョのことがあるので、かる〜く近所を一周。何も知らず、「はっ、はっ、はっ、散歩♪ 終わったらご飯♪」と息を切る姿に、罪悪感・そのいち。
無事ウンニョを済ませ(小振りを一山)、そのまま車に乗せて出発。鈴音は不審に思うこともなくソッコー寝体勢で、最近のお気に入り「運転席後ろの床で寝転がって、時々飼い主の手をハミハミ」。その姿に、またまた罪悪感・そのに。

10分ほどで病院に通着。
もちろん鈴音は「降車拒否」「徒歩拒否」「抱っこ拒否」で、車の床に待合室の床にへばりつき…。そのまま30分ほど待って、いざ診察室へ。
『さぁ、誓約書か? 怖い前説か!?』
と構えていたが、「お預かりしま〜す」と、まるでクロークのようにあっさり連れて行かれ、なんと2分でしゅーりょー。
『え? 説明とか無いの?』
『手術が終わったら電話とかは!?』
言おうか言うまいかしてるうちに、鈴音はフェードアウト。「じゃ、明日。診察時間内ならいつでもいいので」と、そんだけだった。
もっと詳しい説明を求めようかとも思ったけど、説明聞いたから手術の内容が変わるわけでもないし、電話の件もそれこそ何かあったら掛けてくるだろうから、変に手を煩わせないでお任せした方がいいだろうと、そのまま病院を後にした。


手術は昼休みに行うと聞いていたけど、夕方になっても特別連絡は無し。夜になっても同じく。
便りがないのは元気な証拠だし、別段望まなかったから電話がないのは当たり前だけど…やはり気にはなる。
それに、いつもならぐだ〜っと寝ている毛玉が見えないのはなんとも寂しい…むしろ、いないのに居るような錯覚がする。
いつか「その時」が来たら、毎日こんな気分になるのかなぁ…なんて妙な感傷に耽ったりも。

明日は「朝一でお迎え」…と言いたいけど、仕事があるので、お迎えは夕方の予定。
どんな風だろう?
きっと、いじけてるだろうなぁ…。
犬のニオイに妙に敏感になります。



28日(月) 生後181日目
ついに、避妊手術の日が決定。
な、な、なんと……明日!!
先週土曜日の「電話で予約して」を受けて、今朝電話すると、もろもろの末「明日にしましょう」とのことに。(早!)
またまたの「あっさり感」に唖然。それだけ「犬の避妊手術」は…以下略。
「子宮&卵巣摘出」なんて大事を、こんな簡単に決めてしまって良いのか…とちょっと悩みもしたが、やはり手術をするのは飼う前からのハラだったし、希望していた「初ヒート前」に間に合ったし、何より変に悶々とする期間も少なくて済んだし…やっぱりこれでよかったのかも。
そんなわけで、明日は初手術+初入院の鈴音。(様子見で1日入院プラン)
何も知らずガムを噛んでいる姿を見ると、術後のストレス生活(妄想)とのギャップに、勝手にカワイソーな気分になったり。
いつかは通る道…飼い主共々初試練だ!
もろもろ約45000円…に、ちょっと絶句。



27日(日) 生後180日目
朝、散歩友達の小太郎くんに会う。
この、こたくん。かれこれ2ヶ月近く前からの知り合いで、飼い主同士メルアド交換して散歩時間を合わせたりするほど親密なお付き合いをさせてもらっている。
ただ、夜…しかも真っ暗な芝広場でしか会えないので、写真を撮る機会が無く、「お友達紹介」なんぞを作ることも叶わなかった。
(一番親しくしてる子が載ってないってのもあんまりだしね)
して、こたくん。鈴音が大のお気に入りで、いつもワンワン言いながら追いかけてくる。
「ノーリード」で「一方的」に「かなりの勢い」と来れば鈴音には苦手な相手のハズなのだけど、なぜか鈴音も尻全体をブリブリ振りながら駆けていく。
初めはリードを軸として、ひたすらグルグルとおっかけっこ。途中からパンチが飛び交う乱打戦に。
大体はこたくんが飽きておひらきになるのだけど、かる〜く30分はじゃれまくり。その間、ただぼ〜っと立ちつくしてる飼い主…。
犬友は良いけど、とにかく寒い! 辛い!!
ちょっと毎日のランデブーを考え直そうかと思うここのとこ。
今のところ、人見知り無く、犬見知りも無し。



26日(土) 生後179日目
月末土曜日は病院の日。今日も、朝一で予約して、指定時刻(11時)に行く。
混み具合はいつもの通り。5組ほど前にいて、時間にして30分ほど待ち。その間、ずっとキュンキュン言って、隙あらば逃げ出そうとする鈴音。いつもなら他の人にナデナデしてもらうと飛びついて喜ぶのに、触られるがまま。床にへばり付いたまま岩のように硬直していた。
順番が来て診察台に上げる時も、肉球が吸盤に変わったのかと思うほどツルツルの床にびったり。(生体の神秘?)

肝心の診察は、体重を量って(7.9kg)から一通り(目・歯・耳・四肢・爪・尻・心音)のチェックと、フロントラインのみ…診察時間は3分ほど。
いつもながら、無駄なくスピーディ!(これでもうちょっと待ち時間が短いと言うこと無いんだけどね)
なお、いたって健康だったが、左耳に外耳炎の気があり、「頻繁に掻いてる?ちゃんと様子見て、やめさせて」と、注意を受ける。(「掻いてる?」と訊かれると、確かに掻くこともあるが「痒がってるっほど気にはしてない」んだけどね)
フィラリア薬の処方受け、「フロントラインは今年はこれでラスト。フィラリアは来月も」となる。来月の最終土曜日は24日…てことは、クリスマスイブに病院!?

ちなみに、避妊手術についての相談もしたが、「もうすぐ6ヶ月? そろそろいいよ。生理が来る前にしておけば、乳ガンの発生率も限りなくゼロになります。これこれこういう手順だから、ご家族と相談してから、電話して」と、かる〜く近日中の手術「決定」。
月曜日に電話する予定だから…ひょっとして来週中の手術も??
あまりのあっさり感に、いかに「犬の避妊手術」が「当たり前の処置」であるかを実感。
フィラリア+フロントL+診察料=3800円(+外税)



25日(金) 生後178日目
「やぎちち」導入からそろそろ1週間。
お腹への影響も無く、ゆるウンニョが出ることもない。ただ、最近ウンニョの量が少ないのがちょっと気になる。
やぎちちを入れる分フード量を気持ち減らしているし、この1ヶ月ほどはフード量を増やしていない(むしろ減らしている)ので、当然と言えばそうなんだろうけど、1散歩で2〜3回していた排便が、1回もしくは0回なのはやはり少なすぎるような…。
やっぱり、宿便の気有り??

←歩道橋大好き。
1段抜かしで登り、上で車を眺め、ダッシュで降りる。
排便状態・朝晩2回、1回2本(ひとつかみ)。



24日(木) 生後177日目
散歩中、会う人会う人に「太ったわね〜」と言われる鈴音。
気がつけば冬毛がモコモコで、首輪も埋もれて分からないくらい。尻尾は当社比3割増だし、尻毛にいたっては密林状態で肛門が引っ込んだと錯覚するほど。
一方で、頭はあまり変わったように見受けられない。(下地が茶色になって来て、イガグリの様になってることくらい)
だもんだから、後ろから見ると頭がやけに小さく見える。なんだかそこだけ縮小したか、別の頭をくっつけたみたい…いや、やっぱり首まわりがモコモコなんだな。
かき分ければグレーの冬毛がびっちり。
このモコモコが、春(初夏?)にガバッと抜けるんだと思うと、オソロシイ…。
体重測定・7.8kg。冬毛も生えて増加の一途。



23日(祝) 勤労感謝の日 生後176日目
前回のシャンプーから2週間が過ぎた。
いい加減寒いし、冬場はあんまり油分落とさない方がいいだろうから、間隔空けようと思っていたのだけど、やけに掻いてる姿を見てやっぱりシャンプーすることに。(週末は病院だから、フロントラインしたらさらに1週間はできないしね)
長めの朝散歩から帰るなり、いつもの足洗チックに風呂場に担ぎ込んでそのまま地獄のシャンプーコース突入。もちろん「騙された!」とばかりにヒンヒン鳴く鈴音。
でも、今回は意外にもそんなには鳴かず。
いつもは「ギャン、ギャン、ビャャャン!」て鼓膜も破れんばかりに叫び狂ってるのに、「フーン、キュウゥ〜ン、クュゥン〜」て降参の鼻声程度。それもはじめの濡らし(洗面器にお湯はって手で掛ける)の間くらいで、泡立て中や、シャワーでの濯ぎの時はほとんど鳴かなかった。
およよ? ひょっとして、シャンプーの気持ちよさに目覚めてきた??
シャンプー&乾かし後は、いつも超超超ハイテンションだし(もちろん今日も)、スッキリサッパリして特別なおやつ(シャンプーの時だけ「犬用チーズパン」をあげている)がもらえる…って分かってきたのかも。
ま、偶然だろうけどね。

次のシャンプーは、年越し前の予定。
また頑張りまショー。
フード4袋目終了。来てから計13kg消費。



22日(火) 生後175日目
今現在、散歩は朝晩の2回。
朝はいいとして、夜は早くて19時台…遅いと22時台に食い込むこともあり、当然真っ暗。
通り沿いの住宅街&公園とはいえ、いつでもどこでも外灯がこうこうと照らしているわけではなく、むしろ真っ暗な場所が多い。
それでもやっぱり住宅街で通勤路…とどのつまり、闇夜のカラスで鈴音の姿を認知されるのが遅れがち→隙間をすり抜けようと突進してきてギリギリで気が付く…なんてことがままある。
やっぱ、暗闇に黒毛皮はキケンだ!
そんなわけで、ピカピカライト(?)を導入することに。
着けている人が多い「ぶら下げ式」のにしようとも思ったけど、迷子札に鑑札にライトに…となるとさすがに邪魔なので、首輪タイプのものにする。
実は日曜日に購入済で、今日で3日目。
出掛ける前に首に掛けているけど、今のところ嫌がったり怖がったり気にしたりする様子は無し。赤い点滅が地面に反射しても気にならないみたい。四方八方から見えるし、なかなかイイカンジ。
欠点は、結構首に埋もれること…柴ですらこれだから長毛種には向かなそう。
「ぶら下げ組」が多いのもナルホドナットク。
コレを購入。近所のホームセンターで800円。



21日(月) 生後174日目
1本残っていた乳歯も抜けて、ついに永久歯そろい踏み。そしてもうすぐ6ヶ月…そうなると次に来るのは初ヒート。
ずっと「いつ避妊手術すべきか」で悩んでたけど、やはり病巣を取り除く意味での手術であるなら乳ガンも予防したい(=乳腺が出る前に手術したい)ところ。そんなこんなで、最近は避妊手術のことばかり考えている。
でも、毎月末の土曜に病院に行ってるので、今月末(つまり今週末)に相談しようと思っているのだけど、仮に「じゃ、再来週あたりに」という話になったとしても、その前にヒートが来そうな予感もする。
というのも、散歩に行くとやけに股間をチェックされているから。
「お尻くんくん」とは明らかに違う、「オッパイでも飲むが如く、サイドから鼻先突っ込んでひたすらクンクンクン〜」ってポーズ。
あげく、時々プロレスする豆柴君(♂1才)に乗っかられる始末。(しかも、かなり「ヤッタルデ!」になっていた…)
これって、フェロモンまき散らしてるってことなんじゃ??
実は「すでにヒート突入」なのか??
戦々恐々。怯える飼い主。
外見的ヒート兆候(陰部の腫れ等)は見られず。



20日(日) 生後173日目
昨日からやぎちちを導入。
朝は、フード70g+粉ミルク小さじすり切り2杯で80gにしたのだけど、ウンニョがちと柔らかすぎたので、夜は、フード70g+粉ミルク小さじやや山盛り1杯で76gに。
今朝のウンニョを見る限り、トッピング量はこれぐらいで十分みたい。
しばらくはこれで様子見かな。

昨日から導入したものがもうひとつ。
サークル内に置いていたベッドを新調した。
今までは、小クッションとハーフケットを敷いた篭を置いていたのだけど、大分サイズが合わなくなってきたのと、囓ってけばけばのボロボロになってたので、いい加減処分することに。(なにせ100均で買った篭なのでボロボロ度も半端でなし)
クッションの方は車のボックスに入れることにして、スッカランになったサークルの中に、長座布団を入れた。
本当は犬用のカドラーベッドやかまくらベッドにしようと思ってたのだけど、なかなか良いデザイン(希望はシンプルな無地)のが無く、人間用の長座布団に別売りのボアカバーを装着して使用。良い塩梅で余分な縫製がなかったし、長さがサークルにぴったりだったし…で、なかなか気に入っている。
当の鈴音嬢も、すっぽり埋もれる大きさがお気に召したのか、自分からベッドで寝るようになった。(今までは、サークルが開いていたらそのへんの絨毯の上で寝ていた…)
これと毛布とで、初めての冬(in室内)は乗り切れるかな?
フード量・70g+やぎちち小さじ1杯で様子見。



19日(土) 生後172日目
土曜日ってことで、朝から水元公園へ。
今日は早め(そうは言っても9時) に行ったので、先週に続きガラガラ。人が少ない分すれ違う率も低かったから、木立の間の小径をメインにまったり歩く。
かなり長く歩いたけど、クンクンし合えるワンコも居なかったので、駐車場に戻ると1時間も経っていなかった。

公園帰りに近場のペットショップ&ホームセンターに寄り道。
ここのとこ、犬関連の買い物はネット注文でいたのだけど、色々導入したいものがあったので、サンプルチェック目当てで行く。
でも、ほとんど拾っていたので、この際まとめ買い。気がかりになっていたものも一気に買った(→解決した)のでかなり「スッキリ!」となった。

ちなみに、今日ももらったのだけど、いつももらって扱いに困っているものがある。
それはサンプルフード。
「どうぞおためし下さい」て、1回分まるまる変えて試す勇気は無いし、かといってちょっとずつ混ぜるんじゃフードの特徴は分からない。あんまりまぜこぜにするのも健康チェックに差し障る…どうしろっていうんだ!
気が付けば、こんな(←写真参照)に貯まってしまってた。(1袋約70gで20袋近く…軽く1kg越える量)
やはり、ちょっとずつ混ぜて消費していくかなぁ。
やぎちち導入。フード70gに小2杯ふりかけ。



18日(金) 生後171日目
鈴音はどうやら便秘性…というか、宿便の気があるらしい。
今朝も散歩の時に排便せず、その後(食事の後)15分ほどボール投げをして促すものの排便の気配すら無い。
日中(昼休時)にも外(バルコニー)に出すが、シッコのみでノーウンニョ…どうも、屋外でも「家」という認識で、テリトリー内ではしたくないらしい。
結局、夜まで我慢状態。もちろん夜散歩では山盛り(3山)だった…。

そのウンニョ。
1回目は、「辛抱たまりません!」てばかりに、余所のマンション前でいきなりブリリ。状態は硬めでコロコロ。
2回目は、その数分後に草むらの中で。
勢いよく水を出したので下痢かと思ったが、形はしっかりしたものが2本。それが水に押し流されるように出る。
3回目は、30分ほど後に落ち葉の上で。
これが完璧に下痢。
量は多くなかったが、ペースト状の中に崩れた泥団子が混ざっている…といった風。

久々の下痢――それこそ我が家に来た日以来――だが、原因は薄々感じてたことなので、それほどビックリはせず。
昼間、牛乳をちょびっと(大さじ3杯ほど)与えたのがやはりいかんかった模様。
ホットミルクに興味津々だったので、試しにさましたものをあげたのだけど、加熱しても牛乳の脂肪球は犬の腹にはキツイらしい。
やっぱり「やぎちち」導入か??
それ以上に、そろそろ腸をいたわるトッピングを考えた方がよいのかな。
フード量・この2週間は1回72〜75gで様子見。



17日(木) 生後170日目
今日は仕事に追われていた飼い主。帰ったら21時半で、そこから散歩+食餌という超カワイソーな仕打ちに遭う鈴音。
待ちくたびれてさぞやコーフンしてるだろう…って、そんなことはまったく無し。玄関開けると、廊下でべたぁと寝そべっていて、横目で見て「フン」ってなもの。
普通は「おかえり〜@しっぽぶんぶん」とかじゃないの??

ちなみに、ここ最近は、家に誰かいる時なら大抵自由にさせている。
まだ完全には信用おけないので、留守番時はサークル内に入れるけど、短時間ならだっぱなしでも平気になってきた。
イタズラしようと思えばできるものはたくさんあるが、自分でヒズメやガムを持ち歩いて、噛んでいる。
トイレはサークルの隣にしか置いてないので、場合によっては戸を開けてその向こうに行かないとならなかったりするが、うっかり粗相なども無し。
気が付けば――、
ウンニョは1日2回、散歩の時。
シッコは1日3回、散歩+ベランダ。
…になってきた。
ウンニョはともかく、シッコは3回じゃ少ないんじゃない??
膀胱炎にならないかちと心配。
体重測定・7.5kg。…100g減!?



16日(水) 生後169日目


一昨日のこと――夜散歩の途中、いきなり芝広場の一画を掘り始めた鈴音。
「ほりほり」は日課(寝る前にサークル内の敷物をほりほり)だし、時々「穴掘り」のスイッチが入って、水たまり跡の地面や山盛り落ち葉を掘ることはあった。
でも、何もない(周辺との違いのない)地面を掘るのは初めてで…珍しさから、思わず一部始終を傍観する飼い主。
5分ほど掘って、鼻先がズボッと入るほどの穴が完成。掘るだけ掘って、鼻突っ込んで、「満足!」な鈴音だった。(よかったね)

その穴――大きさはソフトボールほどだったけど、暗くてよく分からなかったので翌朝確認しようと思っていた。
しかし、次の朝…つまり昨日は朝散歩すっぽかし。夜は夜で穴のことなど忘却。
今朝ようやく確認すると、穴はサッカーボール大になっていた。
およよ? 誰か拡張工事した??
おまけに、工事ボランティアがマーキングしたらしく、ふんふんニオイを嗅いで、「もうこの穴はアタシんじゃないからいらない」とのたまう鈴音お嬢。
これにて、「ほりほり」はあっけなく終了…と思ったら、また別なところをほりほり。
ま、良いんだけど、ここは芝広場。あんまり派手に掘らないでね。
掘った散歩後は、足洗いは特に念入りに。



15日(火) 生後168日目
地震とともに起床の朝。
…といいたいところだけど、中途半端な時間だったので、二度寝してしまい、起きたらなんと起床時間2H過ぎ!(ガガーン)
出勤まで30分!!(ガガガーン)
そんなわけで、「初・朝散歩すっぽかし」(悪天候以外)となる。
「せめて気分だけでも散歩モードに」と、出掛けるギリギリまでバルコニーに出すも、外(下)を眺めたり、ボールくわえて走り回ったりはするものの、ウンニョはせず…。結局、2日連チャンでフンズマリ犬。(とほほ)
もちろん夜の散歩では、急ピッチ生産となった鈴音工場だった。
(それ以上にあちこち嗅ぎまくり)
こたつ出したらさっそく入ってます。



14日(月) 生後167日目
ぐっと寒くなった今日この頃。
ただでさえ朝に弱いのに、なおのこと起きられない飼い主。今日も徹夜だったのが手伝って、約1H遅れでの散歩となる。
散歩自体は40分ほど歩いたけど、やはりせわしなさは感じたのか、どうにもウンニョが出ない鈴音。寸前までいったまま、結局無しで帰宅する。
「こりゃあ、留守番中にしちゃうかなぁ?」
と思ってたけど、1日終わってみるとそれも無し。
代わりに、夜の散歩でてんこもりだった。

別に教えたわけじゃないけど、「すずねンちではウンニョしたくない」という風になるもんだなぁ。外に出しておけば、外トイレですることもあるけど、ウンニョに限っては粗相したことは一度もない。
初めの内、「トイレのしつけどないすりゃいいんじゃい!」と思っていたけど、それなりに促せば、あとは勝手にちゃんと出来るようになるモノ…まさに「案ずるより産むが易し」。
アンダーコートが厚くなってきました。



13日(日) 生後166日目
昨夜――正しくは、今日の明け方のこと。
サークルに収容(寝る時は鍵とカバーを掛けて完全檻状態に)していると、珍しく「きゅ〜ん、きゅぅ〜ん」と鳴き出した。
「まさか下痢か??」と、来たばかりのことを思い出し、とりあえず中に入れたまま様子を窺うと、別段「タンク満タンです。ピンチです」という感じではない。
「甘え鳴き??」
しかし、よ〜く見ると口をクッチャクチャさせている。
どうも歯が抜け掛けて気持ち悪くなったらしい…て、なぜ寝てる時に???
ともあれ、サークルから出して口をこじ開けると、ナルホド左上の奥歯がグラグラしている。指を引っかけると、ぽろりと脱落。
思わぬトコロで「奥歯ゲット」となった。
残る乳歯は、あと1本。
「歯が生え替わり終わると、体重増加も止まる」って聞くし、そろそろサイズUPもストップかなぁ?
あと1kgくらいで止まってくれると有り難いけど、はじめのうちの巨柴街道迷走中を思い返すと…はて、どうなることやら。
体重測定・7.6kg。1週間で500gUP!?



12日(土) 生後165日目
東京は雨の朝。そして木枯らし1号。
風も強くて結構な荒れ具合だったから、朝の散歩は休むつもりでいた。鈴音もテンションが低くて起きようともせず(排便もご飯の催促も無し)、コレ幸い先にと洗濯・掃除を済ませる。

雨雨だったが、天気予報を見ると「9時:雨、10時:晴」となっていて…10時を過ぎた頃…あれま、本当に晴れてきた。
なので、10時半をまわったところで、いつもの週末行事・水元公園へと出掛ける。
ついさっきまで結構な悪天候だったからか、驚くほど人がいなかった。いつもならバーベキュー組でごった返してる駐車場も、ピクニック組が山盛りの中央広場も、見渡す限り誰も居らず…嵐の後の清々しさから、なんだか高原にでも来た気分。
そんな中、鈴音のお目当ては、思う存分走り回れる芝広場…ではなく、やはり池!
かな〜り遠くの方から、「かは〜」っと火を吐きながら一直線に走っていく。
この寒空に水遊びもないので、引き止めたけど、不満たらたらで、その後も水と見るや
突進!(もちろんことごとく阻止)
そんなこんなで引き問答を繰り返し、1時間ほど散歩して帰宅。

と、帰り際、歩道を歩く黒柴ちゃん発見!
しかも家からほんの数百mの場所!
おぉお、ついにご近所に黒柴が!(感激)
…しかし、こちとら環七走行中(正しくは合流中)だったので、のんびり見てるわけにもいかず。涙をのんでのサヨナラだった。(むこうはこっちのこと気付きもしなかったけどね)
車を覚えてきたようで、駐車場では一直線。



11日(金) 生後164日目
我が家に来たその日から、トイレシートはユニチャームの「デオシードワイド」を使っている。
初めの数週間は、部屋全面に敷いていたこともあって、それこそ1週間で1袋(51枚)消費していたけど、トイレが出来るようになってからはぐっと減って1日4〜5枚の消費に。(それでも数回使ってからの交換)
散歩に出るようになってからは、さらにぐぐっと減って1日2枚(昼の留守番中と、夜中に使用。使う度に交換)になっていた。
そして最近…すっかり外(散歩中もしくはベランダ)でしか用を足さなくなっていた鈴音。
トイレシートも使われぬままで、かれこれ2週間替えてない。(もちろん未使用)
もうトイレじゃしない(物足りない?)のかと思っていたのだけど、今日の夜…帰宅したらトイレにシッコの跡が。
どうやら、「できなくなった」ってわけでないらしい。「外の方がいいけど、したくなったからトイレでしたよ」ってことかな?
外でしてくれるにこしたことはないけど、いざというときに室内トイレでもできないと困るので、ちょっと安堵。
トイレは、プラダン+新聞の上にシート直敷き。



10日(木) 生後163日目
お試し品で仮デビューしたものの、食べずで放置されていたグリニーズ。
おもちゃを入れている箱にしまっても、目で追うだけで確認すらしなかったのだけど、今日になって引っ張り出して囓り始めた。
どうやら、あの見てくれと独特のニホイに敬遠していたらしい。でも、いざ囓ると病み付きになる味らしく、両手で挾んでガリガリやっている。その間は、跨ごうが、横でラーメン食べようがしらんぷり…。
うぅむ、グリニーズ恐るべし!
でも表面をまんべんなく削ったところで飽きた&眠くなったのか放置…続きはまた明日かな?
これが無くなったら、またおあずけ。本式導入年明けの予定…は未定。

ちなみに、1本残っていた犬歯が抜けた。
またまた父が引っぱって取り…ギャンギャン鳴いていた鈴音。(寝ながらまた鳴いていたらしい)
残るは、奥歯が数カ所…最後の歯が抜ける日は、果たして!?
体重測定・7.2kg。先週から100g増。



9日(水) 生後162日目
犬歯が3本まとめて抜けたのは10/31のこと…あれから10日経つけれど、次が全然無い。全く抜けてない。
気が付くと、1本残った乳犬歯の前に永久歯が出てきている(双子犬歯になっている)し、奥歯も外側に永久歯&その内側に乳歯と二重になってしまっている。
歯の生え替わりって、「永久歯出てくる→歯根溶かされ乳歯が抜ける→永久歯生えきる」と思っていたけど、大分違う。
こういうもんなのか? それとも、歯に対しての刺激が少なすぎて生え替わりに影響してるのか?…どっちにしてもそろそろ抜けてくれないと歯並びに障るんじゃ…。
と思ってたら、今日奥歯が唐突に抜けた。
夜の食餌の後、急に口をムッチャムチャし始め、あげく前足を突っ込んで大暴れ。
見ると、右上の奥歯(人間で言う第一臼歯)がほぼ外れて、線一本で繋がってる状態。
取ろうとすると、(当たり前だけど)相当嫌がって、血染めの足で逃げ回る毛玉…。
そうこうしてる間に、くちゃくちゃを止め。見てみると問題の歯がすっぽり無くなっていた。
ホント、唐突に抜けるもんだなぁ。
抜けた歯は、またまた飲み込んでしまったらしく、今回も未回収…集めようと思ってたわけじゃないから良いけどね。
でも、乳歯コンプリートしてる人って、一体どんなテクニシャンなんだ!?
「マテ」「コイ」特訓続行中。ぼちぼち…かな。



8日(火) 生後161日目
先週末のことだけど、近所のペットショップで、グリニーズ(ぷち)をもらった。
「グリニーズは永久歯が生えてから」と決めてたので今まであげたことはなく、現在もまだ乳犬歯が1本残ってるから、それが抜けてからと思っているのだけど、折角なのであげてみることに。
はじめは「おやつだ!」と目をランランとさせていた鈴音。やっぱりグリニーズは特別なのか?
…と思いきや、すぐに興味を失って、くわえることもなく放置。
その後も、ほったらかしたままオモチャを振り回してリビングへ走っていき、気が付くとテーブルの下で爆睡。(…………)
う〜む…グリニーズ導入は見送りか??
フード量、朝75g・夜73gに。



7日(月) 生後160日目


平日の散歩は、中川公園B地区(芝広場)を一回りするコース。
朝は、早くて7時半、遅くて8時過ぎに行っていることもあり、既に散歩のピークは過ぎていて、他のワンコを見かけることはあまりない。
「ドッグランはしばらくおあずけ」を決めたので、ワンコと戯れられるのは朝晩の散歩の時くらい。少しでも多くのワンコとコミュニケーションをとらせたいと思ってる飼い主としては、せめてあと30分早く起きて散歩に出るようにしないと。(これから寒くなるにつれ益々困難になる予感…)

散歩組は帰った後だけど、代わりにこの時間は引退組のジョギングが盛ん。
最近鈴音が気になっているのは、そのジョギング軍団。
何の健康法か知らないけど、ひたすら後ろ向きに走るおじいちゃんがいる。その人とすれ違うと、鈴音はず〜っと目で追い続けている。他にもすれ違う人はたくさんいるし、場合によっては声を掛けられることもあるのに、なぜかこの人だけ釘付け状態。遙か彼方に遠ざかってもひたすら凝視。(撫でてもらった、おやつもらった…とかは一切無し)
やはり、「後ろ向きに走る=なんか変」という感覚があるのかな?
「マテ」「コイ」特訓、おやつ導入で成果もUP。



11月6日(日) 生後159日目
特に書かなかったけど、3日の夜から相方が来ている。
例によって、鈴音のいい遊び相手になってくれていて、普段の攻撃対象としては非常に助かっている。
今夜で帰ってしまうのだけど、月に1回はこうやってヘルプに来てくれると助かるなぁ。
(いわばペットシッターを呼ぶような感覚?)

それはそれとして、今日は「3日の池ダイブ」&「4日の牧場闊歩」でこびり付いたニオイを取るべくシャンプーをする。洗うのは相方で、マンツーマンで風呂場に缶詰。
その間、部屋の掃除をしていたのだけど、やっぱり鈴音のギャンギャン鳴きが聞こえてきて、いよいよ「風呂嫌い」にしてしまったのを実感。ただ、いつも自分が洗っている時は、鼓膜も破れるほどの音量で、「近所メーワクだな…」と悩みどころだったのだけど、意外に聞こえない。これならこのまま強行でもいいかな…なんて思ったりも。
完全に、トリマーさんに頼むきっかけを失いつつあるなぁ。
「マテ」「コイ」特訓はじめました。



11月5日(土) 生後158日目
昨日遠出したので、今日は車で出ての散歩は無し。それでも休みの日は時間多めに…ってことで、久々に中川公園A地区に散歩に行く。
通り道でなく、目的地として行くのはほぼ1ヶ月ぶり(前回は10/15)。着いたのが10時半過ぎと遅かったせいか、すでに散歩組は掃け、園内は少年野球チームの練習場と化していた。
鈴音は、前回の恐怖(?)を覚えているのか、中に繋がる歩道橋の時点で尻込み。心なしか挙動不審でもあったけど、足場が芝のところまで来ると、気を取り直して、右へ左へダッシュアンドリターン。それなりに楽しそう。
しばらくは散策した後、一番奥に数匹のワンコ(&飼い主)を見つけ、行ってみる。
メンツはゴールデン・ウィペット・ダックス・コーギーで、どの子もとってもイイコ。鈴音も含めて皆大はしゃぎで、クンクン&プロレスの荒らし。イイカンジにフレンドリー。
ただ――やっぱり皆ノーリード。
躾が行き届いているし、公園の一番奥地(入り口まで最短でも300m強)ということもあるから「大丈夫」なんだろうけど、独りだけフレキシリード付きだと、おっかけっこは厳しいし、グルグル回ってワイヤーが絡まる…なによりピンと張ったワイヤーに引っかかったりして危ない!
…そんなわけで、後ろめたくはあったが「一番奥だし、ちょっとだけ試してみるか」と、オフリードにしてみる。
と!
してみた…と思う間もなく、追っかけっこが追い回しになり、ひっくり返される鈴音。
この光景つい最近見た気が…昨日だよ!
すっかり凹んだ鈴音は、入り口へ一目散。
名前を呼ぼうがマテを掛けようが一切聞く耳無し。歩道橋を駆け下りて、そのまま公園外へ!! そのすぐ脇は環七!!(ギャー)
なんとか呼び戻して捕まえ事なきを得たが、最後の最後はかなり焦った。
やっぱりノーリードはイクナイ…それを心底痛感&反省した出来事となった。
あと、明日から「マテ」と「コイ」の特訓だ!
ノーリードにこりごり。当分はドッグランも封印。

11月4日(金)の日誌は、
マザー牧場レポで超長いので別にしています。
こちらへ



3日(祝) 文化の日 生後156日目
















祝日で休み…ってことで、水元公園へ。
着いたのが10時半で、天気が良いのもあって、いつもの様に混み混み。芝生はもっぱらシート組に占領されてたので、木陰と歩道をメインに40分ほど歩く。

途中、川――というか長細い池――の脇を通ったのだけど、この川がまた浮き藻がびっちりで、まるで緑の道のよう。(拡大写真は「写真」の「生後5ヶ月」に格納)
案の定、道だと思って突き進む鈴音は、見事にザバン! リード引いてたから、右前足がちょっと浸かったって程度だったけど、流石にこればビビッタだろう…と思いきや、これまた全然。
池と分かるなり、「カハーッ」とクチから火を噴く勢いで再チャレ要請。もちろん不可で、10m程離れた歩道まで引っぱり出たのだけども、しばらくは未練げに見つめていた。

中央広場で、元気な双子ちゃん(3ヶ月)に会う。遠目で柴?と思って行ってみたのだけど、柴ではなく、コーギーのようなジャックラッセルのようなバセンジーのような…たぶんミックスちゃん。元気一杯で、ずっとグルグル回っていた。いつもは自分がグルグル回っている鈴音も、おとなしくニオイを嗅がせてあげるおねいさんぶり。て、単に双子パワーに圧倒されてただけなんだけどね。
自分より小さい(幼い)子に会ったのは初めてだから、どう扱って良いのか分からなかったのかも?
でも、だんだんペースを取り戻し、別れ際になってから追いかけ回し、メーワクなストーカー犬と化してもいた。

双子ちゃんとサヨナラして、中央広場をジグザクに走りながら通り抜け、いつもの池のほとりに…って、案の定ダイブ!!
ザッパンザッバンと右へ左へ。
おいおい、もう11月だぞ。水遊びって季節じゃないって〜
すぐに拭いたけど、その後ちょっとクシャミを連発…だから、もう寒いんだよ!
いい加減池の近くで(比較的)自由にさせるのはよした方がよさそうだ。(反省)

そんなこんなで、そのまま引き上げ。滞在時間は1時間ほど。もちろん帰ってからはシャンプー…ではなくて、蒸しタオルで念入りに拭く。水に入ったのもあるし本当はシャンプーしたかったのだけど、明日も出掛ける予定なので、この週末にシャンプーするかはそれ次第…かな?

その明日のおでかけはマザー牧場。(予定)
初高速・初都外・初アクアライン。
さて、どうなることやら…。
体重測定・7.1kg。先週と変わらず。



2日(水) 生後155日目
ウンニョは外でないとしないけど、シッコの方は家のトイレシートで抵抗無くする。
そうはいっても、外に出ればやっぱ外でするわけで、外で済ませれば中でやることはないわけで…最近では、午後の留守番中か夜中くらいしかトイレを使うことが無くなった。
で、外でのシッコ。
ちょっと前まで、ウンニョと同じく「したくなったら垂れ流し」状態だったのだけど、数日前から同じポイントでするようになった。
それは「側溝の網蓋」の上。
場所はバラバラなのに、必ず網蓋の上にいってからジョーっと。
おかげで後始末がラクチンなのだけど、なにゆえ網蓋??
鈴音「ここですれば下に落ちるから、流れて足に付いたりしないっしょ?」
え? そーなの?? シッコは良いけど、ウンニョまでそこでしないでね。
フード3袋目終了。来てから計10kg消費。



1日(火) 生後154日目


久々にオモチャを買った。
鈴音が来てすぐは、どのタイプが合うのか模索していて、色々種類を変えて買ったりしていた(そうは言っても全部で10コ程)けど、最近は「これは!」と言うのがなかなか無く、あってもまだ早いなというものばかりで、とんとご無沙汰。
でも、ずっと愛用していた屋外用のボール(合皮製の野球風やわらかボール)が、この前の「池ダイブ」でダメになってしまい――くわえて飛び込むもんだから、穴から水が入って中綿がぐじゅぐじゅ――それの代わりに新しいボールを買ってきた。(←写真参照)
見かけは目の粗いウニ。
ちょっとでも叩くと、「ぷぴー」「キゅー」と気の抜けた乳児玩具音を出す軟弱モノ。
これがまた、すっかりお気に入りの鈴音。
どこにも持ち歩いては、足でビシバシ、歯でカミカミ…その度に「ぷぴー」と音が。
いやぁ、悪さしてないのがわかってなかなか便利ですわい。当分は、これだけで留守番の友が務まりそう。
ラテックスのトゲトゲボール(380円)です。