2005年10月

31日(月) 生後153日目
歯が抜け始めてから1ヶ月とちょっと経つ今日、ついに犬歯が抜けた。
しかも、1日で3本も。
2本は午前中、親と遊んでいる時に。
1本は夜、やはり親と遊んでいる時に。
どっちも、「タオルのひっぱりっこ」とかではなくて、「触ったら取れた」パターン。(1本は、グラグラしてたからって親が引っぱって取ったらしい…)
なかなか抜けず、これまた永久歯が後ろに生えてきて八重犬歯になりつつあったので、どうしたもんかと思ってたけど、ちゃんと抜けるもんだなぁ。(感心)
残る犬歯は1本。
「犬歯が最後に生え替わる」と聞くから、それが最後の乳歯ってことかな?
(もはや見た目じゃ分からなくなってきた)
結局、今日の犬歯しかゲットできなかったけど…はて、この歯どうしたもんだろうか。
(屋根の上にでも投げる?)
歯抜けでもフードは1回70gをぺろり。



30日(日) 生後152日目


今日は色々と盛りだくさんな一日だった。

まず、早朝――4時半頃に、サークルの中から「キュ〜ン」と出せ催促鳴き。
ここのとこ、「夜(人間が寝る前)にサークルに入れて朝出す」というパターンできていて、時々「出せ〜」と甘え鳴きすることがあったので、まただと無視&放置。
と、何やらピチャピチャ音が…。
グゲゲ! 敷物の上でシッコしとる!(この場合「粗相」と言うべきなのか…)しかも、それを飲んでる!!
慌てて、片付け。朝っぱらからマットを下洗い&浸け置きする飼い主……。

朝散歩は水元公園へ。
起きたのが9時過ぎで、ちゃらんぽらんと支度して出掛けたので、着いたのは10時半過ぎ。先週とほぼ同じ時間で、先週とほぼ同じ混雑具合だった。
先週、芝生広場の方は、バーベキューからの流出組で混み混みだったし、また池に飛び込まれてもかなわんから、今日は反対側の橋の方を一回り。
走り回れる広場がないので、全体的にリードは短めだったけど、それでもここに来るのが楽しいらしく、ビョーンと横飛び歩き。
途中、ピレネー&ファンドランドの白黒コンビに出くわし、サイズ比にビビリながらもしっかりお尻のニオイを嗅いでいた。
(←写真参照。シッポと同じ大きさ…)
広場で爆走&池ダイブがなかったので、多めに歩いたと思ったけど、滞在時間は40分ほど。正午前には帰宅した。

午後からは家の用をやるつもりだったのだけど、公園に出掛ける時、あまりに車が汚くて――親が柿もぎに行って、踏んづけたまま乗ったらしく、そこかしこに柿の残骸が転がってた――ショックだったので、思い立って花畑の洗車スタンドに出掛ける。もちろん鈴音も一緒。(なるべくいろんな刺激に慣れさせたいしね)
実は、初・洗車スタンド。家だとバケツリレーになるからちゃんと流せないし、GSで洗車頼んでもいまひとつ仕上がりが良くないし…で、ずっと行きたいと思っていたのだけど、実際行くと独りだと結構気後れする。何をどうするのかもよくわからなくて、あんまり効率よくは洗えなかったかも。(次の休みに仕上げをし直すつもりだし、大まかに流せたから満足だけどね)
鈴音は鈴音で、スプレイのジェット放水に大ビビリ。車内でキャンキャン鳴き、掃除機掛けの時に外に出されてもずっと情緒不安定犬になっていた。
車嫌いになっちゃったかな?とも思ったけど、帰りにはケロリとしていて、途中買い物に寄った時もおとなしく留守番していられたし、家に着いてドアを開けた時も、飛び出すこともなく待機…なかなかおりこうだった。
「車=もうひとつの部屋」という認識が出来てきたみたい。そろそろ、高速乗って遠くに出掛けてみようかな。
約4時間車に乗りっぱなし(休憩1回)でした。



29日(土) 生後151日目


月末の土曜日は病院の日。
先月で今年分の注射は終わったので、今日はフィラリアとフロントラインのみ。薬だけ出してもらうこともできるんだけど、なにせまだまだ成長過程だし、見た目健康とはいえ細かいケアができてるとも思えないので、月一のチェックだと思い診察も受けることに。
朝一(散歩中)に予約の電話を入れ、病院入りしたのは10時半。な、なんと! 先客が1ワンコしかおらず、待ち時間3分の新記録!(どの程度新記録かは、今までの通院を参照のこと→9/248/278/107/29)
しかし鈴音嬢…病院→注射ってことで、すっかりビビリ。短い待ちの間キュンキュン鳴きの大盤振舞で、順番が来たら来たでタコの様に床にベッタリ。
「今日は注射しないんだよ〜」
言い聞かせたところで分かるはずもなく、診察台では漏らすんじゃないかと思うほどブルブルガタガタ。体重(7.1kg)→目→耳→歯→四肢→爪→尻のチェック7点セットの間も、ずっ〜とキュンキュン言っていた。
本犬は気が気じゃなかっただろうけど、あまりに「いつになくビビリでシッポも内股にすっぽり」具合がおかしくて、ちょっと笑ってしまった。(ヒデー飼い主)
健康状態は問題なし。
前回ちっと外耳炎気味だった右耳も正常。
ってことで、フロントラインをしてもらって、それで終了。
フィラリア薬をもらって病院を出る頃にはすっかり元気を取り戻し、車までの100mほどのニオイ収集に全力投球だった。
フィラリアは念のため来月も。その翌月は、もう7ヶ月…ついに避妊手術について決断しないとならない時が来るなぁ。

←写真は体重増加でワンサイズアップしたフィラリア薬(カルメドックチュアブルP68)と、ニセジャーキーを目の前にしてうずうずしてる鈴音。
フィラリア+フロントL+診察料=3850円(+外税)



28日(金) 生後150日目
「犬が尻尾を振るのは嬉しいときではなくてコーフンしてる時」――鈴音を飼ってから、しみじみそれを実感している。
というのも、鈴音があまりに尻尾を振らない犬だから。振るのは、「初めての人(犬)に会った時」と「遊びにノリノリの時」のみ。どちらもブンブンと振るのではなく、巻いたままピッチピチと動かす「左団扇式」。
うちに来てすぐの頃は、私に「だけ」振らず、さんざ相方から「愛情不足で懐かれてないからだ」と言われていたが、いつしか家族にも振らなくなり、この間は相方にも振らなかった。
ピョンピョン飛びついたり、手をナメナメカプカプしたり、頭をスリスリしてそのままゴローンとお腹見せ…などはあるので、けっして懐いてないわけではない…と思うけど、いわゆる「再会時の熱烈歓迎」とかは無い。
とどのつまり、「留守番の後の再会にココロ動かされることはない」ってこと。
これって、「落ち着いている=良いこと」なのか、はたまた「精神面に問題=悪いこと」ってことなのか…。
どっちにしても、シッポを振って笑ってる姿が見られないのはちっと…いやかなり…寂しい飼い主なのだった。
シッポは右巻。時々垂直巻のこともあり。



27日(木) 生後149日目
東京は雨の朝。散歩ももちろん雨の中。
雨の散歩にも大分慣れて、そこそこ足取り軽やかに歩くものの、やはり濡れるのが気になるのか排便はせず。
雨は午前で上がったので、昼休みに戻った時にベランダに出して促してみたものの、やはりせず…結局、夜までそのままになってしまった。
先々週の雨雨続きの時も、結局1日近くでなかったし、便秘(我慢便?)の癖が付いたら困るなぁ。
そう思ってたら、夜散歩――歩道橋を渡って遊歩道に出るなり、ウロウロソワソワ。すぐにウンニョスタイルになり、いつもなら絶対にしない道のどまんなかで、ブリリンと1山。
それだけなら、「我慢してたのね」で済むのだけど、その数分後に、今度は公園の芝広場でぐるぐるサイン→2山目。
さらに!
コンビニ寄ろうと、通ったことのない道を歩いていたら、とーとつに中腰になってプルプル→3山目!!(しかも大山)
う〜む…いくら朝しなかったからって、ちょっと多いんでない?
まさかの3回で、ウン袋はちょうど売り切れ。
4回目があったらどうしようと戦々恐々な帰り路の数百mだった。

しかし…ホント、家でも排便できる様になってもらわねば困るなぁ。(いつかの老後のこともあるしね)
トイレの躾、一から出直しだ。
フード量、朝70g・夜68gに。



26日(水) 生後148日目
有り難いことに、鈴音は「拾い食い(ゴミ拾い)」というものをほとんどしない。
風に吹かれたビニール袋がカサカサ音を立てても、投げ捨てられたお弁当の残骸が転がってても、潰れたハンバーガーが落ちてても、「ふ〜ん、なんかあるね〜」てなもの。
なのだけど!――ここ最近、急に拾う様になってしまった物がある。
それは「ティッシュ」。
何でか知らないけど、この白い固まりが視界に入るなり、ダッシュで追っかけ、一度くわえたらてこでも放さない。もちろん「放せ」「ダメ」なんて右から左。あまつさえ、もぎ取られると牙剥いて怒る始末…。
なぜ? どうして、ティッシュなんだ。
気が付けば、家でも率先してティッシュを探す様になってるし…。
だから、どうしてティッシュ??
とにかく、何を拭いたかも知れない――多分鼻水とかか痰唾だろう――きっちゃない物体を口に入れるなんてもってのほか!
こうして今日も、下を向いて歩いている飼い主なのだった。(トホホ)
ポケットティシュまるごとでも突進します。



25日(火) 生後147日目
散歩に出るようになってそろそろ1ヶ月半。
毎日いろんなワンコや飼い主さんと交流(挨拶程度だけど)があり、その飼い主さんから別の場所で声をかけられたりもし、なんとなくワンコが繋ぐ縁を感じる今日この頃。
それはそれとして、自分では黒柴を「近年人気上昇で数も増えて珍しくなくなった」と感じていたけど、それは柴飼いの中だけの話のようで、まだまだ「何犬ですか?」と訊かれることが少なくない。
女性は比較的知っていて、知らなくても「柴ですよね?」と、「柴だと思うけど、黒もいるんだ」てトーンで訊かれるけど、男性はほとんどの人が「何に属する犬種かもワカラン」てトーン。(知ってる人は、バシッと「黒柴だ」って言ってくれるけどね)
やっぱり、女性の方が可愛いものに対する興味(というか執着?)があるから、知識も深くなるのかなぁ?
飼ってるのは柴でなくとも、雑誌とかで見たりするのかしらん?(思いこみに5000点)
…なんて、思った風邪っぴきの朝。
他の黒柴と遭遇したこともまだありません。



24日(月) 生後146日目
半年ぶりのヒートならぬ生理がやっと終わったと思いきや、今度は流行りどおりに風邪に襲われてノックアウト寸前の飼い主…おかげで、基本的な世話の時にしか相手にしてもらえない鈴音さん。
散歩の恒例行事となっている「芝広場ダッシュ」もかれこれ5日間お休みで、アバレ不足からストレスが溜まってきた様子…とうとう物に当たる様になってきた。
連日の被害は、カットカーペット3枚(穴が開くほど掘り返される)、ぬいぐるみ1個(ギロチン&バラバーラ)、布製ボール1個(中身ボーン)、軍手2組(指部分すべて分解)。今のところ犬アイテム関連だから実害はないのだけど、もうちょっと散歩で発散する様にしなければ…明日は、ちょっとだけ「芝ダッシュ」解禁…かな?
なぜかお気に入りのグッズには手加減です。



23日(日) 生後145日目
久々に晴れの日曜日。休日の朝散歩は遠出…そんなわけで2週間ぶりに水元公園に行く。
すっかりお手の物になった車も、乗るなり丸くなって寝モード。外には全く興味なし!だった。(まだ出発して1分も経ってないぞ…)
公園に着いたのは10時半頃。今までで一番遅い時間に行ったせいか、今までにないほど混み混み! 大半がバーベキュー組で、公園全体が肉っぽい焦げ臭に包まれていたけど、これまたお犬様は全く興味なし。意気揚々と1kmほどを闊歩して、あげくにいつもの池ダイブに勤しんでおられた。(む〜)
所々にバーベキューの残骸と思われる油が浮いていたりもしたものだから、帰宅後は当然「シャンプー直行」。(前回から2週間経ってるし、そろそろと思ってたから、池ダイブも止めなかったんだけどね)もちろんそのシャンプーは悲鳴断末魔だった。
池は平気で飛び込むのに、どうしてお風呂はそんなに嫌がるのやら…。(お湯が嫌なのか??)
本格的に寒くなってきたし、次回のシャンプーこそはお店で頼もうかなぁ。
体重測定・6.7kg。ちょっとゆるやか増?



10月20日(木)〜22日(土)の日誌は、
管理人の体調不良によりお休みさせて頂きました。



19日(水) 生後141日目
今朝、起きてすぐにクシャミ連発の鈴音。
どうやら明け方の冷え込みで風邪を曳いてしまったらしい。いつもなら「だしてくりぇ〜」っとサークルの中で地団駄踏んでるのに、戸を開けても横になったまま動かず。横で着替えても微動だにせず。
そんなに具合悪いんかい?
と、身体の具合を看る…と思いきや、びよよょーんとジャンプ&ヘッドアタック。
…う〜む。ただ寝ていたかっただけみたい。
その後は、散歩はいつものようにハイテンションだったし、食欲もいつもと変わらず。
季節の変わり目だし、そろそろ防寒対策もはじめないといかんかな?
むしろ飼い主の具合がビミョーです。



18日(火) 生後140日目
140日を過ぎた鈴音にとって一番不思議な物…それはエレベーター。
毎日朝晩上り下りしているし、乗っている間はおいたもせずに座って待っていられるけど、どうしても「上下してる」ということは理解できてない様子。(そりゃそうだよね)
どうやら、単に「小部屋で一時待機させられている」と思っているらしい。
例えば、1階でなでなでしてもらって、その人が右側の出入り口へと去って行ったとすると、エレベーターに乗って上がり、ドアが開いたと同時に右へダッシュ! そして、「あれ? こっちって出口無かった?」な困惑顔。
そうでなくても、1Fと家のある9Fを混同しているっぽい。1Fで家の方向へ走ったり、9Fで出入り口のある地点でドアを探したり…。
う〜む、可愛いのかバカなのか…。
「おうちの場所は高い」という認識はあり、「1Fと9Fは高さが違う」も理解してるっぽいけど、「縦と横」は理解できないみたい。
まだまだ子供だから分からなくて当然だけど、「犬の知能は人間の3歳児並」というし、3才なら「エレベーター=上下に移動する」は理解できるはず…その「理解の瞬間」は、いつ、何がきっかけで訪れるんだろうか…。

それにしても…またも雨! これで4日も太陽を拝んでないことに…。
家も犬も湿っぽくてカナワン!
エレベーターではひたすらドアを凝視です。



17日(月) 生後139日目
雨!の月曜日。(仕事も詰まってることを考えると、余計にテンション下がるワ〜)
雨の中出掛けるのは嫌だけど、散歩に行かないわけにも行かず…なぜって、完全に「散歩de排便」になっちゃってるから。室内トイレではオシッコしかせず、ウンニョは我慢の鈴音嬢。
しかし、雨が嫌なのは飼い主だけにあらず。雨音から尻込みの鈴音は、数歩踏み出すなり座り込みで、引っぱられてしぶしぶ歩き、また座るの繰り返し。濡れるのが嫌なのに余計に濡れていた。
そんなテンションの低さのせいか、朝はウンニョをせず。日中も、時々ベランダに出して促すものの(親が)、やはりしなかった。
では、夜はさぞやたっぷりと!
…と、これがまたしない。いつもならする地点に来ても、しない。(そぶりも兆候も無し)
「雨が気になってできないのかなぁ」
と、思っていたら、家のすぐ側まで来て急に忙しなくなり、あたりを嗅ぎ回りはじめた。
環七沿いの植え込みをチェック、またチェック。どうやらポイントを探っている様で、気に入るポイントが無いらしい。
そうやって100mほど植え込みをチェックし続けた末、菊科の雑草がちょっぴり茂った場所で急にウンニョ体勢。そして、瞬く間に山盛り排便。
…どうやら、「外でしかできない」「雨が気になってできない」ではなく、「下が草じゃないとできない」みたい。(そういえば、新規コースではいつも雑草の中でしていた様な)
家でもウンニョの第一歩として、天然芝区画でも作ろうかなぁ。
排便回数は朝2・夜1。1回握り拳ひとつ分。



16日(日) 生後138日目
今日は(当初の)予報通り、雨。
て、ここのところ雨続きの土日…。そろそろドッグランデビューを検討しているのに、完全にその時期を見失っている。(とほ〜)

雨だけど、散歩の時間は上手い具合に止んでいたので、新規コース(むしろこっちがレギュラーコースになったかも)に行く。
歩道橋を渡り、遊歩道を抜け、芝敷きの公園をぐるりと一周。いつもなら、ここで他のお散歩ワンコとハガハガしあうところだけど、やはり雨模様のせいか、四方見回しても遠巻きに吠える子のみ。挨拶はならず。
このまま帰っても良かったけど、折角の日曜日ってこともあり、そのまま公園を出て隣接する下水場の外周に沿って歩く。例の中川公園A地区――実は、芝敷きの方も中川公園。そっちはB地区――を抜けて、合計2km近く、所要時間約1Hの超ロング散歩となった。
途中疲れて座る様なら担いで帰ろうとも思ってたけど、全くそんなこともなく。
どうやら、1時間は歩けるみたい。

朝散歩では誰とも挨拶できなかった鈴音。
それを取り返すかの様に、夜散歩では芝広場であったスキッパーキ嬢(暗くてよく分からなかったから未確定)と激しいパンチ合戦を繰り広げていた。
フード量、朝65g・夜62gに。



15日(土) 生後137日目
またまた天気予報が外れて(ずれて?)、晴れならずとも雨は免れた朝。
休日の朝散歩はロングコース…ってことで、今日は中川公園に行く。
起きたのが9時近くだったので、着いたのは9時半過ぎ。見ると、開門直後な上どんより天気だった前回(10/8参照)とはうって変わって、人&ワンコだらけ。しかもそのほぼ全てがノーリード!!!
まぁ、ここは下水施設の屋上にあるから、四方がフェンスに囲まれていて、思わず飛び出して車にぶつかるとかは無いし、草ボーボーで遊ぶには向かないから人間(子供)もあまり来ない…そんなに神経質になることもないんだろう。
…けどねぇ…。
懸念は的中し、一斉にノーリードわんこズ(約10匹)に取り囲まれた鈴音。
はじめは、嬉しくてシッポ振り振り、パンチを飛ばしたりしていたのだけど、なにせ多勢に無勢、すぐにひっくり返されて降参ポーズ。
さらに、もみくちゃにされているうちに首輪外れて、なんとこっちまでノーリードに!!
(朱に交われば赤くなる?…て、アカン!)
取り押さえる間もなく、追いかけられ逃げまどう毛玉…終いには、木立の奥に追いやられる始末。(トホホ)
それでもワンコずの新入歓迎は終わらず、フェンス際まで追いつめられた鈴音は、なんと下10cmにも満たない隙間から外へ!!
隣接する建物の屋根に飛び移ってウロウロしだした。(ギャース!)
追い立てた子は、飼い主さんがすぐに取り押さえたけど、そんなこと知るよしもない鈴音は屋根の上を右へ左へ。
なんとかおやつで釣って呼び戻し、首輪とリードを着け直すものの、もうワンコずの輪には入りたがらず。
茂みを突き破って、出口へ一直線。そのまま挨拶もなにもなしに「退場」となってしまった。(トホホ)
ワンコ社会を身をもって知った鈴音…ていうか、だからノーリードはヤメイ!
夢の中でワホワホ言って反撃してました。

14日(金) 生後136日目
天気予報が微妙に外れて、今日も晴れ。折角なので、散歩は新規コースを選択。
しかし、このコース…途中通る公園がワンコにうってつけな「ひたすらだだっぴろく何もない&全面芝敷き」なのは素敵なのだけど、反面散歩するワンコの数も多いのが悩むところ。
何が困るって、ノーリードが多いこと!
全てのワンコが好意的ではないことは当然として、好意的でも一直線に飛びかかってこられるとさすがに引く…おまけに、時間的な条件からか主婦層が多く、自動的にあいさつ→井戸端会議に。なかなか抜けられずでまたまた困惑…その間も、ノーリード組がかわりばんこに飛びかかってくるし…。
ホント、ノーリードは止めて欲しい!!
犬好きでも汚い足で飛びかかられるのは嫌な人はいくらでも居るんだ!!
…て、直に言えないのがまた切ない。危害加えられたわけじゃないから、注意ってのも鼻につく感じだしね。(むむむ)
さわやかな朝に、ややドンヨリなできごと。

ちなみに、昨日のサッカーボールはすっかり慣れて…むしろ気にも留めなくなっていた。
犬同士ならどんどこ飛びつきOK。



13日(木) 生後135日目
やっと拝んだ晴天も今日でまたお別れ。明日からはまた雨…ということで、晴れている内にしかできないことをすることに。
布団干し、シーツ洗い、そして新規散歩ルートの開拓。
なにぶん平日なので、遠出するわけにもいかず、単に行ったことのない方向(環七外側)へ行っただけ。それでも色々発見があってなかなか楽しい。たかが数百メートルの場所だけど、10年住んでて一度も入ったこと無く、本当に「新規開拓」となった。
その途中通った遊歩道…ここには何故かサッカーボールのオブジェがある。
前々から遠目で見かけて(真っ直ぐの道の奥にあるので、手前の角からでも見える)かなり気になっていたのだけど、近づいてなお謎だった。(←写真参照)
直径2.5mほどの木製…にしても、なぜサッカーボール?(この先にサッカー場はない)
なぜ、ここに?(思いっきり住宅街の中)
鈴音にとっても謎だったようで、珍しく近づきたがらず、ちっぴり威嚇したりもしていた。
多分このオブジェは、隣接する東京都下水局の管轄…ホント、行政の作る物は謎が多い!
ちなみに、この遊歩道の端端に少女のブロンズ像が設置させているのだけど、余り手入れのされていない植え込みの中にあるもんだからハッキリ言って不気味!
特に夜は怖すぎる!!
体重測定・6.5kg。そろそろ抱っこが辛い……。



12日(水) 生後134日目
はじめのうちはバラバラ抜けた乳歯だけど、最近はあまり抜けていない。忘れた頃にオモチャに血が付いていてそれで思い出す…というような感じ。
「まぁ、その内抜けるデショ」
とほったらかしていたのだけど、よくよく見ると、乳歯が抜けてないのに、その後ろから永久歯が生えてきて、二重になってしまっているところがあった。(下の前歯2本)
このまま放置しておいたら、人間の様に噛み合わせが悪くなったり、歯茎に隙間が開いて、アゴに影響するかも?…病院行きも視野に入れ、ヤキモキすること数日間。
しかし今日、問題の歯(片方)が、グラグラなどの前触れもなく、あっさり抜けた。
見ると、後ろに控えていた永久歯が一気に前進している。
もう片方も、じりじり前に出てきた…ような。
どうやらこの件は杞憂に終わりそう。

ちなみに、まだ抜けた歯を拝んでない。
端からコンプリートは無理だけど、せめて犬歯ぐらいはじっくり観察したいもの。
「マグロジャーキー」にチャレ。目がランラン。



11日(火) 生後133日目
今日は平日だけど飼い主は休み――滞在中の相方に合わせて4連休――だったため、休日モード。天気もやや回復したので、午後から水元公園に行く。
平日の…しかも朝でも夕方でもない時間だったので、これまた全然人がいない!
主には中央広場にいたんだけど、360°見渡して人間は2人だけ。(飼い主&相方)
ちょっぴり魔が差してノーリードにしてみたりもしたけど、他に気を取られることもなく、永延ボール遊びに興じる鈴音だった。
しかし…その後、カラスを追っかけて、例の如く水場へ一直線→迷うことなくドボン!
あーあー、レトリバーじゃあるまいし〜
つい一昨日、海に浸かってシャンプーもして、あげく風邪気味になったというのに、全く懲りてない!
流石に肌寒い中水に浸からせるのは良くないと思い、さっさと上げて念入りに拭いたけど、すっかり藻臭くなった毛玉に、ブルーになる飼い主。またも、「シャンプー直行」が頭を過ぎったりもした。
(結局は「脇から下を軽く水洗い&ウエッティタイプのシャンプーシートで拭く」で妥協)
すっかり水場が大好きになった鈴音さん。
なのに、なぜシャンプーで濡らされるのは死ぬほど嫌がるのか…。
「カンガルーテール」にチャレ。抵抗無く完食。



10日(祝) 体育の日 生後132日目
今日もまたまた雨。
秋雨というか…むしろ秋梅雨だ!!
思い切った掃除も出来ず、思い切った遠出(牧場とか)も出来ず、悶々とする飼い主。
それを察したのか、朝から覇気のない鈴音さん。散歩にも行きたがらず、食餌の準備中もぼや〜っとしていて、なんだか具合悪そう。何回かクシャミをしているのも手伝って、すっかり「風邪か?」という判断に。
でも、そこまで見るからに「病気」というわけではなく、むしろ眠い時そのまんまな反応だったので、とりあえず散歩は行かず寝かせておくことに。飼い主が所用(前々から決まっていた)で出掛けたため、期せずして養生留守番となる。
親に様子見を任せて颯爽と出掛けたものの、気がかりはやはりウンニョ。
今朝は散歩に行かなかったので、当然していない。実は、昨夜もしなかった。「留守番中にしたくなって泣きわめくんじゃないか?」「いっそ絨毯の上でしちゃうんじゃないか?」…これまた悶々とする飼い主。
でも、帰宅するとサークル回りをグチャグチャにしていたものの、オシッコはトイレでしていたし、ウンニョの気配もない。すこぶるイイコだった様子。
すぐに散歩に行き、少々長めにした目算が当たって、2回も排便。しかも超増量!
よほど宿便状態が気持ち悪かったのか、スッキリした鈴音は一気にテンションが上がり、食餌の時も、そうじゃない時も走り回っていた。
…やっぱ昨日は疲れさせ過ぎたね。
反省しきり。
フード2袋目終了。来てから計7kg消費。



9日(日) 生後131日目
今日は、有明の東京ビッグサイトへ行く。
お目当ては「スーパードッグカーニバル2005」。3年ほど前に一度行ったことがあり、可愛い犬グッズを入手してホクホクだった記憶があるので、より行きやすいお台場に会場が移動(前回会場は西武ドーム)したことと、今回から「愛犬同伴OK」ということに釣られて、前々から行く予定を組んでいた。(相方までわざわざ上京)
出掛けたのは13時頃で、会場に入ったのが14時頃。前行った時もそこそこ混んでいた記憶があるけど、今回は桁違い。とにかく混んでいて、駐車場に入るにも一苦労。さらにそこら中ワンコだらけ! 会場までの徒歩移動中からして、犬、また犬…だった。
中はまたコミコミで、犬と人が混ぜ混ぜ。会場自体がそこまで広大ってわけでもなかったので、人口密度はモーターショーとかと同じほど。正直、買い物とかしてるバヤイでは無い。
そんな場所に連れ込まれた鈴音は、鳴き喚くこともなく、「かわいぃ〜」って触ってくれる人には嬉しくてピョンピョン飛びついたりしていたが、やはり相当にストレスだった様で、途中から動かなくなることしばしば。緊張からハアハアゼーゼー言い出したこともあり、結局1時間足らずで退場となった。
グッズも今回はコレ!というものを見つけられず、犬用おやつを買ったのみ。(よりどり3袋1500円の店で、マグロジャーキーとカンガルーテイルとミミガーをチョイス)
なんだか前回ほどには楽しめなかったな。
(犬連れには向かないスタイルだったかも)

人間の都合で疲れさせてしまったので、帰り際に葛西臨海公園に寄る。
もちろん目的は海。
鈴音は、初めこそビビっていたけど、水は経験済(10/2参照)なせいか、すぐにざぶざぶと入っていき、途中泳ぐ様な仕草すら見せていた。
しかし…10分ほどじゃぶじゃぶと動き回ったところではたと気が付く。
「しおしおジャーン!!」
戻り途中、水場にて行き濡れタオルで拭いたものの、ベタベタ感は消えず…。
結局、またも「シャンプー決行」となってしまった。
今月は既に3回目…いい加減皮膚に悪いから自粛しないと。

ちなみに、「人混み+広範囲闊歩+波打ち際でハシャギ」効果で、帰るなりバタンキューの鈴音。
夜の散歩もそこそこに、全くアバレることもなく眠りについていた。
「疲れた子犬は良い子犬」
とは、どこぞの指南本の言葉。
いや、まったくその通り!
トータル2H、車に乗ったけど、平気でした。



8日(土) 生後130日目
もろもろあって今日から4連休なのだけど、その全てが雨模様とのこと。(とほほ)
そうはいっても今日は休日。休日のお散歩は「多め&眺め&遠出」と決めているので、朝の散歩はロングコース…ハッキリしない天気で水元公園まで出るのも抵抗があり、そういえば行ったこと無かったなってことで、中川公園に行く。
中川公園は、下水処理施設の上を緑化した空中庭園風の施設で、門を潜り、人道橋を渡って入るスタイル。
まだ階段を上り下りさせたことがなかったから、どうかなと思いきや、これが全然抵抗無くスッタカスッタカと登る上る。
中は、だだっ広い敷地全体が草地で、低めの雑草がボーボー。外周に沿ってクヌギが植わっていることと、片隅の区画に遊具があること以外は、とにかく「草」!一色だった。
こういう草地を見ると血が騒ぐ鈴音さん…さっそく右へ左へと大はしゃぎで走り回り、付き合わされる飼い主共々、びしょぬれ&草の種がびっちりに。
開門(午前9時)してすぐの時間だったからか、他には犬どころか人っ子ひとり居らず…休める様な場所もなかったから、結局20分ほどで退散。
でもよほど楽しかったのか、帰りは何度も草地を振り返り名残惜しそうにもしていた。
帰り際、「待ち」の練習――そんなにさせるつもりはないけど、いざというときもあるしね――がてらマックに寄ったりもし、トータルで1時間半ほどの長〜い朝散歩となった。
体重測定・6.1kg。増量大! 衝撃も特大!!



7日(金) 生後129日目
散歩デビューから丁度1ヶ月。
初日こそ固まって震えていた鈴音だけど、今では飼い主を引っぱる程の猪突猛進犬。
人や犬、車はもちろんのこと、俗に「犬が怖がる物」とされる、「風に揺れるゴミ袋」や「風に揺れるバイクのカバー」にもびくともしない。それに、拾い食いも全くしないので、改めて考えると非常に助かっている。
時々停まって踏ん張ることもあるけど、軽く引っぱってやるとすぐに歩き出すし、電柱越しにリードが引っかかった時もは折り返して戻って来るし、リードが足に引っかかった時(脇の下に入っちゃった時)は、「足、足」でちゃんとリードを外す…ちょっとだけ「名犬」のよう。飼い主としても非常に満足である。
しかし、散歩中は「スワレ」「マテ」などの指示を一切受け付けず…ここにきて、家の中でも無視が目立ってきた。
言うだけ無駄――むしろ、「行かなくてもいいんだ」という植え付けをしているかのよう…。
まだまだ練習あるのみ。
「コイ」と「外マテ」習得が目下の課題です。



6日(木) 生後128日目
散歩コースに公園がある。
池と壁噴水がくっついているだけで、これと言った面白遊具もない公園で、総合病院の隣にあるのも手伝ってか、いつ行っても人がいない。(ベンチでおべんと食べてる人がまれ〜に居る程度)
最近、ここのグラウンド――という程広くもないけど――で、「ダッシュおっかけっこ」をするのが鈴音マイブームとなっている。
ダッシュする飼い主を中心として、右へ左にくるくると…まるで地球と月の様で、端からは「猛犬に襲われ逃げまどう人」に見えているに違いない。(なにせ犬がすごいテンションで追いかけているから)
これをやるのは本格的に人がいない夜(20時頃)だけだけど、周囲は全て民家…やっぱり「近所迷惑な!」て思われているかも。
…そろそろドッグランデビューを検討かな?
「追う」→「襲う」となった時点で終了です。



5日(水) 生後127日目
昨日の夜からぱらついていた小雨。
朝には本格的な「雨」になっていた。
今朝は色々あって徹夜だったので、正直サボりたくもあったのだけど、ウンニョのこともあるし、なにより「雨=濡れるから嫌だ」というへなちょこ犬にはしたくない(アバレには似合わない!)から、寝不足でキモチワルイのを堪えて出掛けることに。
だが、予想通りテンションの低いお犬様。
「行きたくないなぁ」オーラバリバリ。
歩き出すと、一瞬は「さんぽ♪さんぽ♪」となるのだけど、すぐに「あ゛あ゛…濡れるよぅ。嫌だよぅ」と、下げ下げ。
しまいには、ハチ公ばりの鋼のお座りで、散歩をボイコットする始末…。
結局、気もそぞろでウンニョもせず、散歩コースの大半を「引きずり」で終了となった。
むむむ…。
雨でもちゃんと歩いてくださーい!!
フード量、朝晩ともに60gに。



4日(火) 生後126日目
最近、サボリがちなブラッシング。
やらない日こそ無いけど、初めの頃のラバーブラシはほとんど使うことが無く、もっぱら獣毛とピンのリバーシブルブラシで流す程度になっている。
というのも、抜け毛が少なくなったから。
絨毯にはそこそこ落ちていて、毎朝掃除機&コロコロを掛けるとけっこうビッチリと取れるけど、触っていて手に付くとか服に付くとかはあまり無く、ブラシにもほとんど付いてこない。
一時期の「マリモ収穫祭(8/21参照)」からすると、「抜け毛はない」と言いきれるほど。
次、来るであろう換毛期は、来年6月頃??
来たるべく「毛の恐怖」までは、「抜け毛がない」という夢を見ていたいな。
毛の質感も変化。固い&光沢が出てきました。



10月3日(月) 生後125日目
柴犬は実直で従順、そしてゴーイングマイウエーい。人にも犬にも懐きにくい……てのは定説(?)だけど、今のトコロ鈴音には当てはまっていない。
人だろうが犬だろうがハトでもカラスでも、猫以外なら見つけ次第、タックル。(9/27参照)
もちろん、相手あってのことなので、そうそう好きな様にはさせていないけど、それでも1回の散歩で軽く5匹とクンクンし合い、10人前後の人にナデナデしてもらっている。
特に、ここのところは新たな刺激にも慣らすべく、夜散歩はあえて駅回りやバスターミナルを通ったりしているため、犬好き邂逅率も上昇。時には20人ほどにナデナデしてもらう日も。
ちょっと多すぎるし、注意散漫になる気もするけど、こんなに「可愛い可愛い」て寄ってもらえるのは今の内だけだから、少しでも良い記憶を残させてやりたい…何より、社会性を身につけて欲しいと願う飼い主としては願ったり叶ったり。
しばらく、駅前出没は続きそう。
朝散歩後〜14時頃まで外ハウスにいました。



2日(日) 生後124日目
今日も、朝から水元公園へ行く。
車にも随分慣れて、ボックスに乗せる時も、リードから固定用のベルトに付け替えられる時も、おとなしくしていられる様に。
走行中も余裕の表情で座っていて、なんだかベテラン風。これは、夢の車中泊旅行への段階を1段クリアってこと? そろそろ中距離(1時間ほど)も走ってみようかな?

公園でも、1段階をクリアしたような感じ。
虫除けスプレーにも先週ほどは嫌がらず、散歩中もほとんどストすることなく自然に「リーダーウォーク」の状態に。あまりにスタスタ歩くので、調子に乗って1km近くを一度も休まずに歩いてしまったよ。(中央広場回まわりをぐるっと)
その中央広場。
前回の「ダニ事件(9/23参照)」に懲りて、控えめに端っこを軽く通っただけだったけど、やはりここが一番好きな様子。真っ直ぐ歩く飼い主を中心に、右へ左へフレキシリードの届く範囲を跳ね回っていた。
と……ここまでは想定の範囲というか、「慣れたね」という感じだったけど、この後ビックリすることが。
なんと、水に入った!
中央広場に隣接する小川(浅瀬)沿いを通っていたら、急にじゃぶじゃぶと水の中へ入り、そのまま歩き出した。
このルートは今までに数回通っていて、いずれの時も入るどころか近づくのすら嫌がってた……それがなぜ急に!? キレイに作られた人工浅瀬なので、水中に追いかける様なものも無いのに。
驚く飼い主を余所に、淡々と歩き回る犬。
相当お気に召したのか、結局30分近く出たり入ったりしていた。

ちなみに、水に入る――しかも動かない噴水同然のよどんだ水たまりに――なんて想定外のことがあったので、帰るなりシャンプー直行。
まさかの2日連続シャンプーで、もちろん悲鳴断末魔な鈴音だった。
(水には平気で入ったのに……)
帰宅後、7Hほど外で過ごして(寝て)ました。



1日(土) 生後123日目
ゆくゆくは、「朝の散歩後は外、夜の散歩後に中」という生活にしたいと思っている。
悪天候の日や留守番させる時は部屋に入れておくけど、それでもやっぱり外ハウスも要るだろう…てことで、今日設置した。
防水加工の板を組み合わせた分離可能な小屋(制作者は父)にエクセレントケージを仕込んだもの。
外ハウスとしてケージに慣れさせ、遠出車中泊などの時に、そのままおでかけ用寝床に…と目論んでいるのだけど、果たして上手くいくかな?

そして、今日はシャンプーもした。
悩んだ末に家で。これがまた、前回同様とても嫌がる!
初めの濡らしの時はそうでもなく、泡立てて洗い始めるとむしろ気持ちよさげなのだけど、すすぎに入ると途端に鳴く泣く。
ご近所に聞かれたら、「虐待してる」と誤解されそうなほどに、ギャーギャー叫んでパニック状態。2分にも満たないすすぎ時間だったけど、1日分を総動員したほどのアバレ様だった。(とほほ)
ま、終わればケロッとした顔で…むしろサッパリしたのか、機嫌良く走り回ってたんだけどね。
その後は、「外モード」に慣れさすべく、かなり長い間外に出しておく。
いつもは10分ほどで飽き、無視していても「入れろ入れろ」としつこく鳴いていたのだけど、今日は意外にあっさりと諦めて、なんと外ハウス前で寝てしまった。
もちろん初めてのこと。しかも、横を出入りしても、ちょっと目を開ける程度で、その隙に部屋へ戻ろうともせず!(驚愕)
バルコニーも昼寝できるほど安心できる場所になってきたってことかな? それともサッパリして気持ちよかったのかな??
なんにしても、ビックリドッキリカンドーな出来事だった。

ちなみにその「初・外昼寝」は、町内を回るおはやし(今日は近所の神社でお祭りがあった)の太鼓の音にビビって終了。
音に耐性がある(鈍いだけ?)鈴音…そういえば、まだお祭は未体験だった。
外ハウス設置。首を突っ込むものの入らず。