2005年9月

30日(金) 生後122日目
今のところ散歩は朝夜2回。共に、7時半〜8時頃に行っている。
途中、シッコを1回・ウンニョを2回(夜は1回)するのが大体のパターンで、200mほど歩いたところでジョジョジョ。さらに200mほどでブリリン。ぐるっと600mほどコースを回り、家まであと100mというところでプリプリッ…こんなタイムスケジュールになっている。
そのトイレ――。
初めの内はいつも決まったポイント(誤差1m以下)でしてたのだけど、最近はてんでバラバラ。(誤差数百m単位)
前は、鉄塔脇の自販機前の街路樹下で、余所様の家の前じゃないし、下が吸水性の高い圧縮ウッドチップだから水を撒いて――ペットボトルに入れた水をシッコ&ウンニョ始末ポイントに掛けている――も、歩道に流れずに済んで良かったし、なにより夜は目の前の自販機の明かりでブツがとてもよく見え拾いやすかった!
変わって今は、親水歩道のタイル敷きとか、公園脇の砂地とか、側溝蓋の網網とか……ホント、悲しいほどにばらばらばーら。
こりゃあ絶好のスポットを選んでくれたもんだと思ってただけに、なお切ない。
もっと取りやすいトコロでしてくださーい!
体重測定・5.4kg。やや緩やかな増。



29日(木) 生後121日目
昨日「初・脱乳歯」となったばかりだけど、今日もまた抜けた。
夜、散歩→食餌の後で、ボール遊び(とってこい&ひっぱりっこ)をしていたら、おもむろにボールに血糊が!
見ると、昨日抜けた歯の右隣が無くなっていて、そこからダラダラと流血している。
抜けた? 今抜けた?
慌てて床を捜索…遊びそっちのけで抜けた歯を探すも、残念ながら見つからず。今度もやはり胃袋に収まってしまった様子。
…というか、気が付くと3本も抜けていた。
上の右中切歯に、下の左右中切歯。
いずれもおやつを囓りながら、一緒に飲み込んでしまったっぽい。(なんとも残念)
次こそはゲットを狙え!

しかし…1日で3本とはなんともハイペース。
一気に真ん中4本が無くなって、すっかり風通しが良くなっている。(うどんが食えるね)
カリカリフードが歯抜けを促進している模様。



28日(水) 生後120日目
歯が抜けた。
上の真ん中やや左寄り…人間で言うと中切歯なんだけど、犬の場合はなんて呼ぶんだろ?? まぁ、とにかく脱乳歯第1号。
本当は昨夜から気が付いていて、その時から横向いた状態でほとんど抜けていたのだけど、タオルのひっぱりっこをしても、直に触って軽く引っぱってみても取れず。
しつこくしてもなんなので放っておいたら、今朝になって抜けていた…てことはなくそのまんま。食餌の後もまだそのまんま。
しかし、ブラッシングして、掃除して、ふと見ると無くなっていた。
うぅむ…記念すべき1号なので、取っておくかは分からないけど、写真くらいは撮りたかったなぁ。
とにもかくにも、生え替わり期間突入。
果たして、大人の階段上って、シンデレラになれるのか?
フード量、朝夜共に55g。完全カリカリに。



27日(火) 生後119日目
先週の土曜日の話――。
朝の散歩の時に、野良猫に遭遇した。
鈴音は人見知りしないタチなのか、怖い物知らずというべきか…とにかく、人でも犬でも、大人でも子供でも、老犬でも子犬でもお構いなしにタックルしていく。おまけにまだ面と向かって「猫」を見たこと無かったので、どうやら「見たこと無い犬」と判断したらしく、野良猫にもタックル&ハッスル。しかし、猫の方は当然こっちが「犬」ってのは分かっているわけで…要は、「未知との遭遇の第一歩はフレンドリーに」とはいかなかった。
先手を取られ、猫パンチが炸裂!!
出たよ、幻の右!!
まぁ、軽いジャブ程度で、それ以上の攻撃は無かった――完璧に舐められていた――のだけど、鈴音にしてみれば、握手を求めてビンタが来たわけなので当然大ビビリ。
ご近所一帯に響き渡る声で、「キャンキャイン」と悲鳴を上げて後退った。
その間に、猫は悠々と退場。
未知との遭遇はなんともデカルチャー。

……というのが、先週土曜日の話。

今朝、散歩の途中に、またも野良猫(前回とは違う猫)に遭遇。
この前のことがあるから、尻尾巻いて逃げ出すかな??…と思いきや。
「ヴゥ゛〜…グヴゥ〜…グルル……」
およよ。いっちょまえに威嚇ですかい?
面白いので様子を見てたら、なんとも赤ちゃん声で、「フャン! ヤン! ヤン!」と、相手が逃げるまで吠え立てた。普段、こんなに吠える事なんてほとんど無いから、意外や意外。いやぁ…違う猫でも「猫は猫で猫パンチ」と判断するもんだなぁ。
て、「猫=吠えておったてるもの」とされるのは困りもの。次からは静止しないと。
犬には吠えられても「遊ぼ♪」ポーズ。



26日(月) 生後118日目
狂犬病予防の注射も無事に終了したので、出勤前に畜犬登録に行く。
事前に区役所のHPで調べたのだと、「登録料3000円」とのことだったけど、実際行ったら「3550円」。どうも、畜犬登録の3000円にプラスして、狂犬病予防注射済票が550円かかるらしい。
…て、どこにも書いて無かったぞ〜!
しかも「平成17年度」って…だったらワクチン打った時に、その分も徴収するようにすればいいのに〜(ぶーぶー)
なんだか2回取られてるような、微妙に損した気分になる。

ゲットした鑑札+注射票は犬に(カラーに)付けておかねばならない…ってことで、さっそく装着。
でもまだ子犬だからか、妙にでかくて邪魔。固定できるほどカラーも太くないので、ぶら下げるしかなく、ジャリンジャリンうるさいったらない。本人(本犬?)も気になる様で、しきりに首をねじっている。
なんか良い方法は無いものかなぁ…てか、やはり付けなければダメカシラン?

ちなみに、「犬シール」も鑑札と同じ金板だったのでちょっとびっくり。「四角い紙のシール」がもらえるもんだと思ってたけど、あれって別に全国区じゃないのやね…。
畜犬登録3000円+注射済票550円也。



25日(日) 生後117日目
関東地方は台風接近により朝から悪天候。おかげで、公園に行くどころか散歩すらままならなかった。
「雨だから外歩けない」という温室犬にはしたくなかったので、歩かないのを承知で無理矢理散歩に出たものの、結局マンション回りを1周して終了。排便も、いつもの場所ではなく、環七の歩道脇で信号待ちのドライバーに見せつけ状態!?
わずか5分足らずで終了の朝の散歩だったけど、折角なので車に慣らすべく近場をドライブしてみることに。
昨日の今日なので、「車=病院=キライコワイ」と刷り込まれてるんじゃないかと少々不安だったけど、実際は嫌がることもなく、あっさりボックスに収まって、ベルト(カラーとボックスを繋ぐだけのもの)を留めるのもすんなり。車が走り出すと、座って(伏せて)外を観察する余裕も。
途中、パン屋に寄って留守番もさせてみたけど、降りる時に後追いするわけでなく、待ってる間に鳴きわめくこともなく、戻った時に熱烈歓迎することも無し…ある意味「寂しい」反応ではあるけど、車内での過ごし方としてはパーフェクトに近い。やはり、「車に乗せられる」ことには抵抗無くなってきた模様。
なかなかどうしておりこうさん。
今後は、少しずつ遠くに出掛けて、「車に乗り続ける」ということにも慣れさせねば。
めざせ、車中泊withワンコ!

ちなみに、散歩帰りそのままなので、当然車内にウンニョ持ち込み。
袋に入れて口は硬く縛っているものの、やっぱりクサかった!!
クサイクサイ、お留守番エライ、でもクサイ…てな、壊れたドライブに。
て、すぐに帰ってくるんだから、駐車場に置いておけばよかったんじゃーん!
フード量、朝55g・夜53gに。



24日(土) 生後116日目
雨の中、車を走らせ動物病院へ。
先月は予約争い(?)に負けて午後になっちゃたけど、今日はあっさり「10時でOK」とのこと。(やはり、3連休中日を病院に充てる人は少ないのかな?)
でも、すんなり予約できた割には混んでいて、なんだかんだで40分待ち。
その待機中、もちろん鈴音はブルブル震えまくり。いつもは抱っこを嫌がる癖に、自分から「放さんといて〜」と抱きつきモード。
診察室ではさらにビビリで、よく聞く「ビビってるけど、尻尾はふりふりで『せんせ〜』と寄っていく」なんてほど遠い。診察の間、ずっと目が宙を泳いでいた。

診察は、体重を量って(5.2kg)から、いつもの各部健康チェックをしつつ問診。

爪を切る先生「最近様子どう?」
みこ丸「昨日ダニがついてまして…」
歯を診る先生「マジ? どこ行ったの?」
みこ丸「水元公園に…」
尻を絞る先生「あ〜 水元は付くワ」

……そんなわけで、予定通り「初フロントライン」となった。
狂犬病の注射を打ってから、1分も経たない間に、首筋(というより後頭下部)にタラタラっと。ちょっと粘っこいニオイがして、頭の毛がガビガビになったけど、嫌がって暴れたりすることもなく無事に終了。(「石になっていた」というのが正確)
フィラリアの薬ももらって、薬漬け三昧。
これでもう1週間はシャンプー出来ないな。最近臭ってきてたお嬢…。
早く洗いたい!

ちなみに、行き帰りの車内では、すっかり落ち着いてボックスで静かに寝そべっていた。
カーブや段差でごとごと揺れても、ドアにアゴを引っかけて寝に入る…どうやら「ボックス=定位置」と分てきたみたいだ。
単に疲れてただけかも知れないけどね。
本日の診察料6300円也。(内訳)



23日(祝) 秋分の日 生後115日目
この3連休は天気が芳しくないらしいから今のうちに…と朝からおでかけ。もちろん行き先は水元公園。
でも、まだまだ車に慣れない鈴音さん。乗せるなり大暴れで、飛び降りてでも脱出を図る始末。(とほほ)
それでも動き出すと、諦めたのか、それとも公園(=楽しい場所)に行くことを察したのかおとなしくなり、首が絞まるほどに窓際に引っぱり寄ることもなく、おりこうにボックス内に座っていた。

公園に着いたのは9時前。
道中渋滞していたこともあり、いつもより遅めだったけど、大分涼しいし、曇りだし、大丈夫だろ…そう思ってたら大間違い。これがまた、ちっとも歩かない!
どうも、おろされてすぐスプレーされた虫除けが気に入らなかった模様。ガンとして拒否で、ほとんど「抗議団体の座り込み」状態。
結局、右へちょろっと50m、左へちょろちょろっと100mで終了。たった15分で駐車場にもどる羽目に。申し訳程度に駐車場の外周をひとまわりして、9時半ちょっと過ぎには駐車場を後にした。
……まだまだ前途多難。

ちなみに、夜になってから、首もとにダニを発見!!
もちろん速攻で引っこ抜いてセロテープ挟みの刑に。見れば見るほどダニ! マダニ!
他には居なかったけど、尻尾にゴマ粒大の影を一瞬見て、気が気じゃない。(かなり念入りに探すも居らず)
タイミング良いのかどうか、明日は狂犬病注射&フィラリア薬で病院に行く日。
「フロントラインは、お散歩に出てから考えましょ」とは獣医さんの弁。
先生! ついにその時が来ましたよ!
体重測定・5.2kg。巨柴の予感が……。



22日(木) 生後114日目
爪切りは定期的に…と言いたいところだけど、結構バランバラ。3日に1回チェックして1本切るか切らないかという程度。
なんでそうなのかというと、いつの頃からか鈴音が「爪切り大嫌い犬」になってしまってたから。
ひとりでやるのは不可能に近く――すんごく落ち着いた時に当たった日くらい――「誰かが抱えてその隙に切る」しか、今のところ方法が無い。(徐々に慣らそうと努力中)
しかし今日、踏ん張る足を見ていたら2本ほど「長すぎじゃない?」という爪が。
せめて1本は切ろうと、父に応援を頼んで、爪切りをすることに。
前に「抱き担当:父、切り担当:みこ丸」でやった時は、暴れたあげく逃げられたので、今回は「抱き担当:みこ丸、切り担当:父」に。
暴れまくる毛玉を押さえて、いざ!
て、バシッと切った途端。
「ギャワワーン!」
けたたましく泣いて、暴れる鈴音。そして、切ったところから大量の出血!?
き、き、切りすぎジャーン!!!
慌てて消毒&止血剤を塗るも、なかなか止まらず。見る間にサークル内は血の海に!
結局、1時間以上も出血し続けてしまう。
当の本人は、切った瞬間からはそんなに気にしてなかったけど、とにかく痛々しい。
う〜む…ヤッチマッタ…。
もう2度と爪切りをさせなくなる予感……。

←問題の爪は右から2番目。陰の具合で余計深爪したように見えるなぁ。
深爪すると恐ろしく出血……。



21日(水) 生後113日目
それは、昼休みに帰った時。
玄関を開けたら、すたこらと毛玉がひとつ。
「いやぁ〜 お迎えとはウレシイね〜」
…って、ちょいまった!! 部屋に居るはずの君がなんでウロウロしてるんだ!?
見ると、部屋のバリケード――換気のために部屋の窓と戸を全開。代わりにサークルを立てておいた――を突破されている。
まぁ、そうなるかもしれないとは思ってたので、洗面所や寝室の扉は閉めていたし、届くところに危ない物は置いてない…心配と言えば、粗相のことぐらいだけど、それも、サークルの置いてある部屋・リビング・廊下の範囲なら、ほぼ完璧にトイレまで戻ってきてするようになってたので心配ない。
案の定、所々にオモチャやティシュが落っこちてたりするだけで、一見して悪さをした様子はなかった。
「イイコにしてたんじゃ〜ん?」
そう思うのは「あまぞう」だった。
念のため、もう一度念入りに全部屋を見て回ると、気が付いたことが。
「寝室のドアが開いている……」
まさか…そう、その「まさか」!
父の布団にじんわりと池の跡が!!!
どうやら、昼前に一度帰ってきた父が開けてそのまま出掛けた後に、よしきたと侵入したらしい。いつも禁止されてるベッドに乗ってみたりして、気持ちよかったからしてみちゃったりしたらしい……。(ギャース!)
慌てて、拭いたり洗ったり干したり…だが今日は見事な「くもり」。
結局、なにもかも中途半端で、現行犯じゃないから怒ることもできず…なんとももやもやとしたまま終了となった。

……これをきっかけに、粗相癖が付いたら困るなぁ。
布団クリーニング(ココ)に出すことにしました。



9月20日(火) 生後112日目
東京は夕方から雨。
仕事から帰る頃には止んでたので、夜の散歩は普通に行ったのだけど、ついさっきまで降っていたのだから、当然地面は濡れている。そこここに水たまりも。
鈴音は…といえば、冷たいのが嫌なようで、「右足が着く寸前に左足を上げる」的な忍者走りのようなカッコで、ピョコピョコ歩いていた。(信号待ちの時も、なるべく着かないように交互に上げ下げ)
やっぱり、肉球が濡れるのは嫌なのかな?
濡れてるのが気になって、周囲のニオイを嗅ぐ気にもなれなかったらしく、今日はほとんど立ち止まることなく終始ハイペース。
おかげで、いつものコースを15分で完走。
いつもこれくらいのペースで歩いてくれると助かるんだけどね。(まだまだ夢のまた夢)
散歩帰りに足を拭くのも、当然嫌がります。



19日(祝) 敬老の日 生後111日目
夕方も18時近く、日も暮れてきてから水元公園に行く。
案の定、大量の「帰る組」とすれ違い、寂しいお散歩に。本格的に暗くなってきたのもあって、30分ほどで退散となる。
まぁ、車に慣れさせるのがメインだったから、目的は十分達成。でも折角なので、近場のホームセンター(ペット可)へ。
もちろん、鈴音は初お店&初カート。終始ビビリで腰がひけていた。(飼い主は、チビるんじゃないかと終始ビビリ)
軽く店内を流して(犬の)様子を見てから、フタ付きゴミ箱――最近とかくゴミ箱を漁るので――を買って帰宅。15分ほどの滞在時間だったけど、それほど反応も悪くなく、なかなか良い刺激になったんじゃないかな?
ちなみに、ドライブボックスはまだまだ慣れずで、行きは半狂乱状態。(とほほ)
でも、帰りは疲れたのも手伝ってか、静かに寝そべって落ち着いていた。(やれやれ)
早く、車にもボックスにも慣れてね。
体重測定5.0kg。デブ道まっしぐら。



18日(日) 生後110日目
今日も水元公園へ。
先週と同じく午前中に行くことにしたのだけど、朝の散歩&食餌の後だと9時台になってしまいあっじくなりそうだったので、朝の散歩抜きで食餌→GOというプランで動く。
車の中でブリられるのも覚悟の上だったけど、行く寸前にベランダで排便。ここのとこ散歩の時にしか排便しなくなっていたので、もうダメかなと思ったけど、まだまだ家でも出来る模様…て、トイレじゃない場所だったから、褒めるわけにもいかず…ちょいフクザツな気分になる。
行き帰りの車内は、相変わらずボックスに慣れず、グルグル回ってベルトが絡まったり、窓際に寄りすぎて首が引っぱられグエグエ言ったりしていたけど、鳴いて嫌がったり、ブルブル震えたりは無いので、そのうち慣れるかな?と勝手に期待している。
公園内では、歩いたことあるコースを流しつつ、1時間ちょい滞在。
でも、立ち止まったり、なでなでされたり、へばる飼い主に付き合ってベンチ下で休んだりしたので、歩いた時間は20分弱。距離にして1kmにも満たず、なんだか「徘徊」に近い公園散策となった。
111で犬記念日。やっと「犬」になれた?



17日(土) 生後109日目
・そのいち・
今日は土曜日。しかもアッパレな秋晴れ。
…と来れば当然恒例の「プチ大掃除」となるわけで、朝の散歩&食餌が終わった8時半頃から、永延と6時間ほど掃除していた。
おまけにだんだん気が乗ってきて、カットカーペットを総洗い。普段、安っぽい青に覆われた床を見ると切ない気分になって、時々「いっそはずしちまうか?」と思うことすらあるけど、こうやって洗うと、ニオイも汚れもイッパツで取れるし、何より「丸洗い」の力強さがある。
「やっぱり敷いといて良かったな」としみじみ実感したひとときだった。

・そのに・
ゆくゆくはあちこち連れ歩きたい→そのためには早く車に慣れさせるべし→そのためには落ち着いて座ってられる席は必須!
そんなこんなで、専用シートorボックスを購入することに。
本当はケージかボイジャーの方が良いとは思うけど、それだとラゲッジに置くことになるので運転席から見えない…それはちと不安だし…と、散々店頭で考えた末、これに。
ついでに、フレキシリードも買って、テストがてらに水元公園に。
ボックスは方は、初回なのもあってか何とも言い難い反応――拒否ではないが好きでもないらしい――だったけど、フレキシリードはとても良かった!
リードの束縛感が少なくなったからか、とても楽しそうに歩く。楽しすぎて茂みに突っ込む突っ込む。
まわりに人が居ない時は、フリー状態にして目一杯(8m)まで行ったところで名前を呼んで手元に回収…という風にしていたので、「コイ」の練習も出来て一石二鳥だった。
当分の間は、用事のない土日は公園攻め。
明日の朝も水元公園……かな??
未消化便をすることもなくなりました。



16日(金) 生後108日目
「散歩が楽しい」ということから、「散歩では思うまま」→「というか思うまま」…と言う風に変換されてるらしく、ここのトコ非常にワガママアバレ犬と化している鈴音。
今日も、散歩から帰って足を拭いていると、ギャーギャー騒いで嫌がり、腕を噛むわ足を噛むわで大暴れ。
終いには、闘鶏のような足蹴を繰り出し、大逃亡。その後も、飛びついては噛む!
「はよ飯ヨコセ!」
「おやつヨコセ!」
「遊べ! てか、噛ませろ!!」
そう目が言っている。
さらには指示を無視することもある。覚えたばかりの「フセ」や難しい「マテ」はともかく、「スワレ」すら聞かないことも。(むむむ)
こりゃあ…いかんなぁ。

←食後にヨーグルトを(ちょっとだけ残した状態で容器ごと)もらってご満悦な毛玉。
食べた後も、しばらくペロペロ&カミカミさせて、形が崩れてきたら終了。
フード量、朝晩共に50gに。ついに50代突入。



15日(木) 生後107日目
散歩も今日で6日目。
少しずつ距離を伸ばしているので全く同じコースではないけど、大まかには同じラインを歩いているせいか、だいぶ「歩くこと」に慣れてきたように思える。
同時に、「散歩は楽しい」という認識も出てきた様子。
つい一昨日まで、リードを付けられるのはもちろん、玄関の外に連れ出されるのも「断固拒否!」て感じだったのが、今じゃ玄関で準備をしていると、自分からドアの前まで来ておすわり……改めて、犬の順応性の高さには感心させられる。
でも、「歩くこと」には慣れてきたけど、「外」にはまだまだ慣れないようで、ちょっと変わった物があるとすぐ動かなくなる。(意固地って程じゃないけど)
よくよく見ていると、茂みや草木が多い遊歩道は、おっかなびっくりで腰がひけていて、動きも前には行かず、横についたり後ろに下がったり。
対して、環七沿いですぐ隣を車がビュンビュン通る歩道(広いし、歩行者は少なめ)は、迷いもなく意気揚々。(←写真参照)
う〜む……普通は逆なのでは??
散歩距離は、朝1km・夜1.3kmほど。



14日(水) 生後106日目
我が家に来てひと月はブリーダーさんからもらったフードを食べさせていたけど、終了と同時に切り替えて、現在はアイムスの「ラム&ライス・パピー用」をあげている。
その最初に買った1袋(3kg)が、今朝の分で終了し、ついにフードタンクが空になってしまった。
もちろん先週末から買いに行っていたけど、どこへ行っても「小粒」ばかりで「ラム&ライス」が無い!!(どうやらリニューアル入替にぶつかった模様)
仕方なくネットで注文したのが日曜夜。そして待つこと3日間――夜になっても未だ届かずで、「やべぇ〜 ご飯無いよ。サンプルでもらったフードを食べさせねばならないのか? いっそ『小粒』を買うか?」と、ぐるぐるしつつ帰宅。
と……丁度家に着いた時、玄関先にセールスドライバーが。その手には某ショップの段ボールが!
いやぁ、ギリギリセーフなタイミング。なんとか「サンプルご飯」にならずに済んだものの、ヒヤヒヤな一日だった。
「フセ」が指示のみで出来るようになりました。



13日(火) 生後105日目


いつもの如く昼休みに帰ると、部屋がぐっちゃぐちゃに。どうやら局地的に竜巻が発生したらしい。(むむむむ)
仕事がテンパってて、「今日はお昼帰るのやめようかなぁ…親もいるし」とか思った時に限ってコレだよ。ひょっとしてテレパシー?
まぁ…あれこれ引きずり出してた――基本的にケージの上に載っけてた物をカバーごと引き摺り出していた――けど、ちぎったり、振り回したり、アテション&アテウンをしてたり…は無かったから、ストレスというより興味本位で引っ張り出したってことらしい。
最近、とかくカバーが気になるようで、チェックが激しいんだよなぁ……。
このカバー、カット売りのクロス地をただ被せていたのだけど、そろそろ縫製する時が来た模様。

←今日こそ忘れずに撮った証拠写真。
上が手を付ける前の現場と、家宅捜査終了後の現場。(ウソウソ)
まるで比較広告……。
散歩は、朝晩共に昨晩と同じ1kmコース。



12日(月) 生後104日目
散歩デビューから3日目。
今日から平日と言うこともあり、朝晩2回の散歩シフトに。まだまだ慣れ先行の時期なので、無理はせず1回20分程。でも、意外に颯爽と歩いている……気がする。
右へ左へジグザグに動くし、先へ行ったり後ろに付いたりもめっちゃくちゃ。おまけに、なんのサイン(グルグル回るとか)も無くウンニョを発射したりもし…「楽しい散歩」とはほど遠いけど、頑固な「座り込み」も、意地の「引っぱり」も、執念の「拾い食い」無く、大雑把に見ればスムーズに思える。
むしろ、あまりにスムーズに歩くから、リードへの手応えもほとんど無く、時々「首輪すっぽ抜けてた?」と思うほど。
また、颯爽と歩くのは有り難いけど、順応してるのか、はたまたこの場から逃げたいが為にタッタカか歩いているのか、いまひとつ分からない…。
果たして、楽しんで頂けてるんだろうか?

←散歩の後はひたすら爆睡。
散歩距離は、朝600m・夜1kmほど。



11日(日) 生後103日目
腰砕けのため、計画倒れに終わった昨日の公園デビュー。
中川の仇を水元で討つ…てことで、いざリベンジ。今日は、地元の親水緑地・水元公園に行ってきた。
公園入りしたのは8時前。すでにかなりの人で、混雑の類ではないけど、常にジョギングやらサイクリングやら、ワンコの散歩やら虫捕り親子やらで、人、人、人。
ビビリ毛玉は、昨日と同じように圧倒されて、右往左往。行きがけの車中で固まっていたこともあり――今のところ病院に行く時しか乗せたことがなかったから――緊張の余り、またも未消化便を振り巻く始末。(おなかに悪いよ!)
でも、出す物出すとスッキリしたようで、たどたどしくはあるものの、そこそこスムーズに歩き、茂みのニオイを熱心に嗅いだり、橋から乗り出して水辺の様子を伺ったり…と、なかなか楽しんでいた。
普通に歩いて10分ほどの道のりを30分掛けて歩き、ベンチで軽く休んでからまた30分掛けて戻り、途中数人の犬主さんにナデナデしてもらったりもして、リベンジ・初散歩は1時間程で作戦終了。
見事成功!?…となったかな?

ちなみに、東京は午後から激しい雨。
夜の散歩は早くもお休み?…と思ったけど、止んだので、20時頃にちょろりと出る。
朝の公園デビューで免疫が付いたのか、動かなくなることもほとんどなく、環七沿いもスタスタ。
おおっ? 早くも脱・ビビリ??
体重測定・4.4kg。ややデブ道?



10日(土) 生後102日目
ついに、ついに散歩デビュー!
土曜日で時間があるし、やっぱり車がビュンビュンすり抜ける路肩より緑があるほうが楽しかろう…と、ご近所を経ての浄水場公園まわりを計画。
でも、朝の食餌+排便+ベランダ放流の間に洗濯と布団干しと掃除と…気が付けば9時半で、外はけっこうなあじあじ。(それでも最近の真夏モードはひとやすみ)
ま、暑くなったら帰ろうと、とりあえず担ぎ出すも、予想通りまったく歩かない!
何度か抱っこ散歩はしているのに、腰砕けでブルブル。歩くどころか、臭いを嗅ぐ余裕すら無く、すれ違うワンコ達にも大ビビリで、自分の半分も無いチワワにお尻嗅がれてキャンキャン言う始末。あげく、ゴミ収集車に仰天して、歩道の茂みに突っ込むというパニクり様だった。(とほほ)
結局、公園は諦めて、反対方向で至近距離の緑道風歩道を目指すことに。でも、これまた歩かず、現地まで抱っこ。
で、着いて下ろされるなり、ウンニョ体勢!
「ついさっき、家でしたばっかんじゃーん」
飼い主の嘆きと焦りをよそに、容赦なく出す出す…見れば、下痢を越えた未消化便。
どうやら緊張の余り、つい1時間前に食べたものを出してしまった様子。(むむむ)
それで気力と体力を使い果たし、初散歩は約30分でしゅーりょーとなった。

夕方にも再チャレするも、やっぱり歩かず。20メートルを20分かけて進み、ウンニョ(今度は正常)をした後に、20分かけて来た道を戻る…という具合。
「初散歩は歩かない」
パターン通りの初散歩となった。

あまりに無様すぎて、写真を撮る気力もなかったので、←は家に帰って気が大きくなっている鈴音嬢。
外で下痢(未消化便)は勘弁!!



9日(金) 生後101日目
100日過ぎのまとめ・第3回。
「日々の訓練」編。

【スワレ】
立っておやつを見せ→「スワレ」。繰り返して、偶然座った時におやつを与える…この方法で教える。すぐに出来るようになったため、ワンランクアップ。「スワレ」と同時に、人差し指で合図…というスタイルに。
1週間程で定着。人差し指を見せるだけで、おやつを見せずとも座るように。

【アイコンタクト】
おやつを与える前に、ひたすら「座らせてから、おやつを目の高さまで持ってきて名前を呼ぶ。目が合ってからおやつをあげる」を実行。だいたい「スワレの人差し指合図」と同時期に、おやつ無しで名前だけで出来るように。

【ハウス】
食餌の度に、皿をサークルに入れて誘導し、入ったところで「ハウス」。そして「スワレ」を実行。
すぐに出来るようになるが、食べ物を持っていると、こちらが言う前に先に「ハウス」するので、あまり意味が無くなっている。

【マテ】
「スワレ」や「ハウス」に比べると苦戦。
主に、食餌時に「ハウス」→「スワレ」→「マテ」→「ヨシ」方式で組み込むが、全く待てず。
ひたすら、何か与える時に、「スワレ」→「マテ」を実行。生後80日頃(家に来て1ヶ月)でやっとできるようになる。(ただし、ご褒美前提)
「スワレ」の人差し指に準じて、ジェスチャーの合図(手のひら)も同時進行。さらに、指折りでカウントダウンも訓練半分遊び半分で教えるが、ちゃんと待てるように。

【イケナイ・コラ・ダメ】
悪さ発見で「コラ」、悪さ未遂で「ダメ」、悪さ続行で「イケナイ」…このようにしているが、まだ理解は半分。抑止効果も半分。興奮時に至っては全くのスルー。
基本的に、「しょげる・反省する・怖がる」が無く、叱る手応えも無い。
まだまだ、要時間・要経験。

【今後の課題と方向性】
・日々の復習を忘れずに
・そろそろ「フセ」「コイ」も練習
・「イケナイ」は地道に

そんなわけで、つまらないまとめもこれにておしまい。



8日(木) 生後100日目
100日過ぎのまとめ・第2回。
「トイレの躾」編。

【室内トイレ環境】
留守番を前提としてトイレはサークル内に設置。市販のトイレトレーとトイレシートを使用する。
しかし、そこで排泄したのは初日のみ。すぐにサークル内での排泄を嫌がり、我慢するように。おまけに、サークル外に出ると好きなところでしてしまう。
差し当たって、床全面ビニールシート+新聞紙+トイレシートでカバー。さらにもともと室内トイレにしようと思っていたポイントにトイレを移動。なんとか誘導+ご褒美で釣ってトイレを認識させるも、トレーを避けてはみだすため、トレーを撤去する。
以降、トイレは、プラダン+ビニールシート+新聞紙+トイレシーツの4枚重ねとなり、現在に至るまでスタイルは変えていない。

【室外トイレ環境】
運動&日光浴目的でバルコニーで遊ばせるようになってから、ウンニョを外でするようになる。どこでも好きな場所でするため、簡易サークルで囲った中(人工芝敷き)にトイレトレー(室内トイレ落ち)を置き、その上に新聞紙。朝と夜の食餌後(または前)に、強制的に入れる…というスタイルに。
初めの内は閉じこめられたことにとまどってギャンギャン鳴いていたが、徐々に「排便が済めば出してもらえる」と分かってきたようで、便意がある時なら、入れて数十秒の間にするようになる。
ただ、屋根のないバルコニーに設置したため雨の時困り、ベランダに移動。数日はとまどっていたが、すぐに慣れ、以降このスタイルに。

【躾の状況】
来て早々に下痢となったこともあり、しばらくは躾らしいことは何もせず。唐突な排便サインに青くなって、シートでキャッチするという危ない橋を渡っていた。
下痢から復調後。ポイントが絞れてきて、なおかつリズム(時間帯)も分かっていたことで余裕が出るも、なかなか「トイレに移動させて成功」とは行かず。半分漏らしている状態でトイレ場所に担ぎ込み、ほめちぎるという中途半端なシロモノ。
それでも、トイレの度にしつこく「ワンツー」と連呼していたかいあって、徐々に、「ワンツー=排泄するんだな」が理解できていた様子。
寝起きなどの確実に尿意がある時でないと効果が無いが、「ワンツーは?」で自らトイレに行くようになる。
同時に、サークルとトイレのある部屋に限るが、粗相の心配がほとんど無くなる。

【今後の課題と方向性】
・「ワンツー」続行
・散歩=排泄となってしまう気もするが、なるべく「トイレでさせる」よう努力

明日は、「日々の訓練」編。



7日(水) 生後99日目
区切りの100日…ということで、初心に戻るべく今までのまとめ。(本日より3回)
まずは、「食と健康」編。

【食餌の状況】
目分量(計量カップは使用)がたたって、2日目から丸1日下痢となる。市販のペット用下痢止めを飲ませ復調。
下痢の反省から、デジタル秤を購入。
以後はキッチリ計測しているためかトラブルは無し。
【量】
初日の目分量(推定22g)から一度15gまで減らす。徐々に増やし、55日かけて45gに。回数は、ブリーダーさんのやり方を引き継ぎ、初日から1日2回。
【銘柄】
67日目から、ブリーダーさん使用のAPDパピーフードからユーカヌバのラム&ライスパピーに切替。1週間掛けて完了し、切替による体調変化は無し。
【おやつ】
ちょっとした訓練のご褒美として、「ユーカヌバヘルシービスケットパピー用」を3分の1づつ。留守番時に細切りミミガーを1本。歯がため目的で、牛アキレスも時々。
ガムは形により反応が違う為、試しで数種購入するもどれも食いつきは良くない。
他、バスターキューブ用に「ササミジャーキー」と、とっておきのご褒美用に「砂肝ジャーキー」、99日目より食後にヨーグルトも少し与えることに。

【今後の課題と方向性】
・おやつのあげすぎに注意
・引き続き人間の食べ物は与えない
・湯入りを断って、完全カリカリに
・グリニーズ導入は歯が生え替わってから

明日は、「トイレの躾」編。



6日(火) 生後98日目
トイレがサークル外(隣接)にあることもあり、最近ではサークルの扉を閉めることがほとんど無くなっている。
せいぜい掃除の時くらいで、夜間も――明け方にトイレに行くので――開けっぱなし。
だもんで、すっかりどこでも好きなところで寝るようになってしまっていて、「サークルの意味がないなぁ」と、今更ながらちょっと悩んでいる。
一応、「サークルは巣穴」と言う認識があるようで、ちょい寝でない「寝る」時は、自ら中に入って行くのだけど、朝にはドアの前で寝そべってるし……う〜む。
やはり、「夜には入れて、朝に合図をしてから出す」にした方がいいのかなぁ?
でも、明け方のトイレはほぼ100%なので、その為だけに起こされるのはゴメンしたいところ。
些細な問題ではあるけど、なんとも小難い悩みネタ。
フード量1回45gに。食後にヨーグルトも少し。



5日(月) 生後97日目
鈴音が来る前から、お昼は家に戻って取っている。ただ、スープが冷めない程には近くないので、雨の日や仕事がテンパってる日は帰ってこないことも多々あった。
鈴音が来てからは、当然毎日帰っているけど、最近は留守番の不安もほとんど無くなってたので、雨で親が居る日なら帰るのやめようかなぁ…なんて思い始めてもいた。
が、今日――。
雨なのでどうしようか迷った末、コンジョーで家に戻ると、なんと! 部屋の中に雪が降っていた。
そう。トイレシートが木っ端微塵にされて、中のポリマーが床一面に散乱…さながら、ふるいがけ1回目の小麦粉。(ギャ〜!)
……もちろん、ランチタイムはお掃除タイムに早変わり。そして昼休時間はあっという間に過ぎ、昼食もそこそこに仕事場に戻る羽目に。(とほほ〜)
まだまだ、留守番生活は不安一杯の模様。

ちなみに、シートバラバラ事件は初犯ではなく、今回で3回目。
いずれも、「部屋に入る→惨憺たる光景にビビる→ソッコーで片付け」という図式が成立しているため、写真は無し。
いつも、終わってから「証拠写真撮っとくんだった!」と思うんだよね……。
体重測定・3.9kg。1日100g増ペース。



4日(日) 生後96日目


我が家は、ほぼ全室カーペットなので、いわゆる「粗相」は絶叫もの。
トイレが完璧になるまでと、床一面を新聞紙&トイレシートにしてみたり、ビニールシートやキャンプ用ラグを敷いたしていたのだけど、今ではカットカーペットが守備の要となっている。
でも、このカットカーぺット、もともとはサークルの下敷きにしようと思って買ったものなので、中途半端な敷き面積しかなく、ずっと部屋の半分しか敷いてなかった。
幸いにしてダイレクトに粗相されることはなかったので、今の今までそれで過ごしてきたけど、散歩をスタートしたら生理現象のサイクルも変わるだろうから、できていたことができなくなることも大いに考えられる。
やっぱり全面敷いておくにこしたことはないだろう…てことで、思い立って買いに走る。
接着剤臭がするので、水洗い→天日干ししてから、先行組と合わせてジグソー組み立て。無事、作業完了。
が!――余っても予備に置いておけばいいやと多めに買ったのに、足りなかった。しかも、なんと1枚分!
こうなると、急に開いているところが弱点に見えて仕方がない。細かい隙間の分も合わせて、あと5枚くらい買ってこようかなぁ。
32枚で3000円ほどの設備投資です。



3日(土) 生後95日目
「4、5日経ったらシャンプーしていいよ」
そう言われたのは先週の土曜日。
あれから一週間…土曜日は「プチ大掃除の日」だし、うってつけに天気も良い。
てなわけで、第二次シャンプー作戦を決行。朝の食餌+排便+運動の後、いつもより念入りにブラッシングをして風呂場に直行する運びとなった。

1ヶ月ぶりとはいえ2回目なので、少しはテキパキとできるかと思ったが、これがじぇんじぇん。前回同様、慣れない場所を嫌って右往左往する毛玉をひたすら追いかけるという原始的スタイル。
途中、浴槽(空)に入れてみるも、あまりの恐怖からか、高さ60cmをロケット大脱出する始末…。
いざ泡立て始めるとおとなしくなるのだけど、すすぎに入ると再びヒーヒーヒャンヒャン。タオル&ドライヤーで拭き上げている間も、ギャンギャン鳴きっぱなし。
うぅむ…早くもシャンプー嫌いになっちゃったかな。頭は洗ってないので、苦しいとかしみるとかではないハズ…「よく分からない部屋に入れられて濡らされる」のが嫌と見た。
今回&前回はワクチン前後と言うこともあり家でやったけど、抜け毛の始末も大変だったし、なんだかんだ不十分な「洗い」であるし、次回はやはりお店に頼もうかな。

シャンプー後は、爪切り&耳掃除をしてから、ご機嫌取りも兼ねてベランダで小一時間スキンシップ。
その後は、部屋のプチ大掃除に加えて、カットカーペットの総洗いに約2時間…。
正午前にして疲れ果てた土曜日となった。
フード量、朝晩共に44gに。(+おやつもやや増)



2日(金) 生後94日目
「2週間経ったらお散歩できるよ」
そう言われたのは、先週の土曜日。
2週間後というと、10日の土曜日で、まだ1週間も先。
すでにベランダを駆け回らせてるので、散歩で外に出すのと大差ないのだけど、やはり限られた出入りしかないベランダ――鳥や虫のことはこの際忘却――と、ゴミもガムもタバコもタンツバも転がる路上では別世界。素直に、予定日までは待機。かわりに、練習をする毎日。
て…練習といっても、何をどうするでもなく、リードを装着してほったらかしてるだけ。
初めはじゃれてぐるぐる回るばかりだったけど、だんだん慣れてきたのか、今じゃ引きずったままベランダを駆け回っている。
でも、そのリードを取られると、途端にがんとして動かなくもなる。
引っぱっているわけでもなく、好きなところに行けるようにしているのに、仁王立ちor座り込みで微動だにせず。
きっと、「いざ散歩デビュー」となってもこうなんだろうなぁ…。
まだまだ、「ツケ」なんて遠い先のこと。
リードつけっぱしは、1回約30分ほど。



1日(木) 生後93日目
ヘソ天、まんまる、あごのせ、あじのひらき…寝ポースにもいろいろあるけれど、最近一番多いのがコレ。(←写真参照)
題して「たまねぎの芽が出ちゃったよ」。気が付くとこの姿勢で、尻尾だけがケージの外にちょろりとでている。
可愛いポーズだけど、もちろん本人は無意識・無自覚なわけで、寝返りをうとうとする度に尻尾が引っかかって、毎回ビビって跳ね起きている。
時には、私に向かって怒ることも。

……尻尾引っぱってなんていねいよ!
誤解ですからっ!!
フード量、朝42g・夜43gに。