2005年8月

31日(水) 生後92日目
まだ完全には楽観できないけど、今日はすっかりノーマルなウンニョ。そして、ナニゴトもなかったように飼い主を囓る鈴音さん。
噛んでは怒られ、怒られては噛むの繰り返しで、すっかり飼い主は穴だらけ。(とほほ)
「歯が生え替わる頃までは、躾とか関係なしに噛みまくる」てのは分かってるから、矯正しようと何かしてるわけではないけど、それでも噛まれるがままにするわけにもいかず、その都度強く怒っている。
だけど、やっぱり効果(反応)は無し。
このやり方はダメなのかな…と、やや自身喪失気味で、Q&Aサイトなんかを覗いてみると、もっぱら「赤ちゃんなんだから怒るなんてもってのほか! 信頼関係が無くなるだけ」とか書いてあり…むむむ…。
じゃあいつからが「赤ちゃん」でなく「怒って良い時期」なのか…そもそもある時期からいきなり怒り出して、その時犬が対応できるのか??
などと悶々としつつ、噛まれては怒り、怒っては噛まれる日々…予想通り、「乱闘生活」になってきた。
はたして、噛み癖が改善されるのが先か、飼い主が破傷風になるのが先か…この勝負、無事に千秋楽を迎えられるのだろうか。
体重測定・3.6kg。ゆるゆるとUP。



30日(火) 生後91日目
昨日のローテンションの原因…かは分からないけど、不調の要因が判明。
それは、朝――いつもの大きさ、いつもの量、いつものかほりのウンニョに異変が。それは色。なんと銀色! 正しくは、細かい銀色の物体が混ざっている。
NO〜 ナンデスカこりは!!
解体するも、銀色のクズが出てくるのみ。
アルミホイル??――瞬時にそれがよぎったが、うちはホイルをほとんど使わないのでそれは無い。
じゃあ何だ??? チョコレートなんて食わないしなぁ。う〜む、銀色??
悶々としつつ、異物を飲み込んだことに変わりはないので、病院行きも視野に入れつつ様子見。
当の本人はいたって元気なので、ひとまず仕事場に行き、なおも悶々としつつ相方に報告メールを送る。
と、すぐさま返事が。
「ケーキ食べてない?」
それだ!
そうだ。一昨日、ジムの帰りにケーキ買ったんだった。滅多に買わないから忘れてた。
部屋のゴミ箱に捨てた「敷き銀紙」を食っちゃった模様。
さらに思い返せば、昨日――柵の片側を支えてた扇風機を親が持って行っちゃってて、ドアと化したところから侵入→ゴミ箱漁り…な事件が発生していた。
もちろんその時にチェックはしたけど、断片が残ってなかったから気が付かなかった。
うぅむ…昨夜は銀紙が腹ン中にあるので気持ち悪かったんだろうな…ゴメンよ気が付かなくて。
完全なる不注意。
ゴミ箱の中身と位置。改めて気をつけねば。
セロハンの方は食ってませんでした。



29日(月) 生後90日目
夜になってテンションが下がっている。
家族の話だと、夕方外に出したら――気まぐれに出されるのは困るんだけどね――ウンニョをして、その後ベランダを駆け回っていた…と思いきや、キュンキュン鳴き出して落ち着き無くなったとのこと。
私が帰宅した時は、食餌待ちだったこともあり、いつもと変わらない感じだったが、次第に元気が無くなり動きも鈍く。
いつもは手を見るなりカミカミしてくるのに、眠そうにぼーっとしている。
でも、ケージに入るよう促すと嫌がり、かといって暴れるわけでもなく、ひたすら落ち着き無くウロウロ。まるでケージ内で嫌な目にあったか、何か探し物をしているような…ハッキリ言って、病的で挙動不審である。
触られて痛がったりするわけでもなく、吐いたり苦しがったりもないので、精神的なものかなぁ?
とりあえず、抱っこしていたら寝に入ったので、ケージに入れると、即・お休みモード→いつもと変わらぬ「爆睡」に。
なんとも不可解な夜となった。
実は、初めての抱っこ寝です。



28日(日) 生後89日目
「服従強化プラン」はゆるゆると続行中。
おかげで、少しずつだけど「マテ(我慢)」ができるようになってきた。
食餌時は前々から「マテ」ているので、調子に乗ってなが〜く(1分程)待たせてもいる。
もじもじしつつちゃんと待っている姿はまるで「名犬」。(しかして、その実体は「迷犬」)
また、おやつの時は、ジャーキーなら細かくちぎって、クッキーなら3分の一程に割って、小分けに与えているのだけど、その都度「スワレ」→「マテ」→数歩下がって、しばし待たせて→「ヨシ」…この手順でいっていて、こちらもぼちぼち「ヨシ」まで待てるようになってきた。
でも、時々「スワレ」の姿勢のまま「尻前進」してきたりもして……まるで「だるまさんがころんだ」状態。
まだまだ「名犬」は遠い。
フード量、ぼちぼち増えて朝晩ともに40gに。



27日(土) 生後88日目
明日で生後89日目。そして今日は、1回目ワクチンから1ヶ月目。
てことで、2回目ワクチンに行ってきた。
本当は午前中に行きたかったのだけど、9時15分(受付開始15分)に電話したら、既に午前中は一杯で、14時に来いとのこと。
仕方なく、午前中は掃除機にコロコロに拭き掃除に…と、某会社のキレイ部隊の如くクリンリネスに励んでいた。
(←写真は、掃除機を目で追う鈴音嬢。傍で爆音が鳴っているにもかかわらず、途中から爆睡)



して、午後。
前回のゴタゴタ通院(8/10参照)に懲りて、知人に救援要請。バッグに入れてもなお暴れる毛玉をガッチリ抱えてもらい、一路病院へ。道中は、抱っこ効果もあってか、ウンニョをたれることもなく、平穏無事だった。
病院も、丁度午後の受付スタートと同時に入ったせいか、今までになく空いていて、待ちも4組――15分程で呼ばれる。もちろん診察は、いつもの通りスピーディー。
体重を量り→体温を測り→体温計についたウンニョで検便し→四肢のチェック→目のチェック→歯のチェック→耳のチェック&耳掃除→爪切り→肛門絞り…ここまでで約2分。その間、生活や体調について問診を受け、噛み癖のアドバイスなどももらう。
一通りの健康診断の後、いざ注射。
鈴音は、前回同様固まっていて、うんともすんとも言わず…平気なのか鈍感なのか、感じる余裕もない程ビビっているのか??…とにかくあっさりと終了。
その後の会計も、すぐ順番が回ってきて、最終的に滞在時間は25分。違う病院に行ったのかと錯覚するほど、今回はスムーズな通院となった。
…いつもこうだといいんだけどね。
(←写真は、帰宅後疲れてグッタリのお嬢)

さて、ワクチンも無事に終わり、2週間後には散歩デビュー!
リードの練習も、そろそろ始めねば。
8種ワクチン+フィラリア薬=9400円(+外税)



26日(金) 生後87日目
朝起きたら外トイレが吹っ飛んでいた。
「そうだ…台風だよ」
何も対策しておらず。新聞紙(外ウンニョ用シート)も雨除け用のビニールシートもそのまんま…見事にはじっこで一塊に。
よく飛んでいかなかったもの。

さて…すっかり恒例となった朝のマリモ作りの後のこと。
掃除機とコロコロをかけていたら、マリモ本体が頭突きを食らわせてきた。
あんまりにしつこい――でも囓らない――ので、試しにコロコロをあててみたところ、意外にも嫌がらず、ごろーんとなすがまま。
そして、シートには気持ち悪い程、死毛がびっちりと。(まるで植毛したみたいに!!)
こりゃいいやと、「絨毯1コロコロ+犬5コロコロ→シートカット」を繰り返して、計10カット枚分採取。最後にはシートに着く毛もほとんど無くなり、無事任務完了となった。
心なしか毛の質が変わってきたような。
そろそろ赤ちゃん毛は卒業かな?
体重測定・3.5kg。早くもデブマリモ道?



25日(木) 生後86日目
昨日のマウンティングを受けて…て、ほどパコパコにショックを受けてるワケじゃないけど、最近すっかり基本の躾けが疎かになってるとも感じたので、「服従強化プラン」に移行することに。
内容はなんてことなく、徹底的に「マテ」。
とにかくまずは質より量で、食餌時には「マテ」、サークルから出す時も「マテ」。外トイレから出す時にも「マテ」。おやつをあげる時も、細切れにして1回1回「マテ」。
まだ仕込み的なことはほとんど覚えさせてないのだけど、なんとなくできている「スワレ」「ハウス」「コイ」も一緒に復習(&習得強化)できれば良いなぁ…なんて過度の期待を持って、「マテ」。
できれば、散歩デビューの頃には定着させたいもの。
(……夢見がちな目標でも持たないと、カミカミ魔の相手は疲れすぎる!)
「ごはん」の時だけはパーペキな「マテ」。



24日(水) 生後85日目
「なんと!」というか、「ついに」というのか…鈴音にマウンティングされてしまった。
夜の食餌+排便の後で、かなりテンション上がっていて、カミカミもエスカレート。当然、激しく怒られ、ちょっとへしょげた様子を見せた時のこと。
無視に移行しようと柵を跨いでる途中、柵の手前にあった左足に縋り付いてきた。
引っ掻く(掘る?)ことは多々あれ、前足をからめてしがみついてくることなんて無かったので、思わず動きを止めて様子を見ていると……パコパコ…パコパコッ…と!?
ビックリしたのと面白かったのとで、特に怒りも払いもしなかったけど、後になって考えると、断固反撃にでるべきだったのだろうかと思ったりも。
だって、これは「下に見られてる」ってことざんしょ!?
だとすると…う〜む…ちとショックだなぁ。
へなちょこ主ではあっても、甘やかしたりヨイショしたりはしてないつもりだったので。
「コーフンのあまり出た行動」と思いたい。
よって、服従強化プランに移行しました。



23日(火) 生後84日目
ここ最近、寝言(寝吠え)を言う。
だいたいは寝入って1時間くらいで、なぜか夜のみ。(昼・朝・夕+遊寝時には無し)
はじめは口をむにゃむにゃさせているだけで、声より舐め舐めしてる音の方が大きいのだけど、次第に「フュンニュン…」なヒュンヒュン鳴きのトーンダウン版になり、しまいには「…ヒャン、ヒュン、ウャン!…フャゥン!」と、吠える一歩手前の音量にまでなる。
夢でも見てるのかなぁ?
などと思っていたら、昨夜のこと――突然、「ギャワワ〜ン!! ヒャイイ〜ン!」とけたたましい悲鳴が。
丁度、寝に入ろうとしてる時で、電気を消して読んでいた本をベッド脇に退けたのと同じタイミングだったので、ビックリ度も2倍。
ナニゴト!?と、急いで電気を付けてベットを降り、サークルを覗き込むと……、
「まぶしぃじゃねーかい」と、超不満そうな顔を返された。しかもヘソ天で!
どうやら、夢の中でギャフンと言わされるような目に遭った模様…。
一応、全身をペタペタ触って、どこか痛がったりしないかも確認したけど、何も無し。
なんとも人騒がせな「寝言」だった。
最近は「日の出鳴き」も多いです。(鶏?)



22日(月) 生後83日目
先週末惨敗(?)した「フェッチ」&「バスターキューブ」の後日談。
「キューブ」はあれからすぐに上手に転がせるようになって、今じゃ、中に入れたおやつ(細切りササミジャーキー1本分を細切れにしたもの→15粒くらい)を全部出すのに5分とかからなくなった。
あんなにムキになって足で叩いてたのに、至極冷静に鼻でコロンコロン。結構上手で、壁まで来ると器用に方向転換したりもする。
ただ、マスターしたと同時に飽きてきたらしく、留守番させる時に転がしていっても、帰ると半分以上残っていたりする。「いらないの?」と転がしても、付き合い程度に追って「もういいや」てな風。(う〜む…)
一方の「フェッチ」。
現時点では、文字通り「取ってくるアイテム」として定着の様子。
持ってきては足元に置いて、「投げてケレ」光線を発するので、「投げる→走る→くわえて戻る」のエンドレス。
20回くらいやると、おもむろに座って囓りはじめるが、1分経たないうちに「ふりだしにもどる」。
そして、今日も「投げてケレール」。
最近は「迷彩フリスビー」がお気に入り。



21日(日) 生後82日目
今のところ、ブラッシングは1日1回。
朝の食餌+排便の後、バルコニー放牧から回収して濡れタオルで身体を拭いた時にやっている。
ただ、平日は時間がないので、全体にざざっとブラシを通してコームで流すという程度。(その分土日は念入りと)
まだ抜け毛もほとんどないので、とりあえずそれで足りていた。
が!
今日になって、急にざっくり抜けだした。
昨日は数本しか付かなかったラバーブラシに、今日はびっちり。
梳いても梳いてもビッチリで、10分ほどで、綿花でも摘んだような固まりを収穫。
人工マリモでも作れそうだよ……。
フード量を、朝晩ともに35gに。



20日(土) 生後81日目
朝、外トイレにセミ(死にかけ)がいた。
怖い物知らずで、掃除機・雷・自動車はへっちゃら、大概の音にも無反応な鈴音だが、この珍妙な先客はアンテナに触れたらしく、大コーフン。
さかんにバウプレイをしかけたあげく、ワンワン吠えだした。(相手がまた微妙にジージー鳴くから、刺激されるらしい)
ここまで威嚇するなんて珍しい……と思いきや、夕方、貯金箱(いっぱいまで500円玉を入れると10万円貯まるアレ)にも威嚇していた。
「お仕置き用騒音缶」として使うつもりで買ってきたので、ある意味良い傾向ではあるけど…これじゃあ「吠えた時の牽制」には使えないような気も?(むむむ)
体重測定・3.1kg。3キロ突破。



19日(金) 生後80日目
先日の「要・硬めのおもちゃ」から思い立って、ペピィの「フェッチ」を注文した。
1個だけってのもなんなので、ついでに前から買おうと思ってた「バスターキューブ」も購入。今日、それが届く。
さっそく反応を見るが……これが全然。
フェッチは、ひととおり噛んではみるが、数分で放置。
キューブは、中に細切りササミジャーキーの細切れを入れたので興味津々なのだが、「転がす」という発想がまだ無いため、ひたすら噛む!足で叩く!!
転がしてもらったのを追いかけ、こぼれ出たのを拾うという、「ヘンゼルとグレーテルのパンくず」状態で終了となった。
……うぅむ……まだ時期早々?
それとも、今までおもちゃに対して「なになに? くれくれ!」てのを見たことがないので、食い物以外には興味を示さない質なのかも??
風邪薬、しゅ〜りょ〜となりました。



18日(木) 生後79日目
いつもおやつにあげている「細切りミミガー」が無くなったので、帰りがけに買いに行く。
ついでに「細切りササミジャーキー」も購入…これでおやつは、「ミミガー」「ササミジャーキー」「パピー用ビスケット」「氷」の4種となった。
基本、おやつは何かのご褒美にしか与えてないが、ブリーダーさんからは「おやつはあげない方向で。ご褒美にはフードを2〜3粒でOK」と言われてのでやはり心苦しいものがある。
味を教えるのもほどほどに。何より食餌に響かないように気をつけねば。
「人間のエサ厳禁」は守られてます。



17日(水) 生後78日目
相変わらず「甘噛み」は酷い。
今日明日で直るものではないし、1年は踏ん張らないとあかんことも分かっているが、「触る=噛まれる」となっているのでどうにも都合が悪い。
おもちゃで誤魔化しても、おやつで釣ってもダメで、どうも「手を噛む=一番楽しい遊び」になっている模様。
ことある度に噛まれて、両腕はまるで木の表皮のようになってきた。(「リストカット跡のようだ」とも言われる……)
もちろんこのままじゃいか〜ん!!
相方&犬主フレンズの助言により、
・レベル1:噛む→「ダメ!」「イケナイ!」
・レベル2:それでも噛む→口に手を突っ込んだままアゴを押さえつつ叱る。
・レベル3:それでもまだ噛む→馬乗りになって耳を噛み返す。
只今、この3段活用を実施中。
コーフンするとレベル3でもまったく効果がないが、少しずつ「ダメ!」で口を離すようになってきた。
…………気がする。(希望的幻覚?)
しかし、「手」が一番噛みごたえがあるというのは考えもの。噛むオモチャは、布製のホネホネ・編みボール・合皮制ボール・牛皮ガム・カメのぬいぐるみ・牛くんパペット…正直多すぎるくらいだが、硬さにおいてはいまひとつ。
硬めのオモチャも何か買おうかなぁ。
フード量を、朝晩ともに34gに。



16日(火) 生後77日目
「外トイレ」での排便が上手くいくようになってきた。
食後に連れて行くと、数分の内にウンニョ体勢。まだ「出せ〜!」と鳴くこともあるが、「トイレが終わったら出してもらえる」とも分かってきた様子。
ただ、それとほぼ同時に、なぜか食後にしか排便しなくなった。
朝(食後)・昼(昼休憩で一時帰宅中)・夜(食後)・寝る前(だいたい10時頃)の4回連れ出しているが、「昼」と「寝る前」はまったくしない。便意すら無いみたいだ。
しないならしないで良し、したくなったら連れて行けば良し…で、とりあえず外トイレに連れて行くのは朝晩の食後のみにしてみたが、「ホントに大丈夫? フン詰まってるんじゃないだろね?」なんて訊いてもいるここ毎日。
体重測定・2.8kg…でかくなるの早すぎ。



15日(月) 生後76日目
先週処方された風邪薬。
これがすっかりお気に入りの鈴音嬢で、朝晩の「お薬タイム」を心待ちにしている様子。
食餌→外トイレ連行→排便→バルコニー放流で運動→捕獲後手足+尻を拭く(朝は全身も)→「お薬タイム」…という具合だが、濡れタオルで拭いている時点で、目線はチラチラと薬をしまってる棚の方。(死角で直接は見えない)
スポイトが出るや否や、中身が入ってなかろうとビョンビョン跳ねクルクル回る。とにかくすこぶる楽しげ!
すっかり「スポイトフェチ」な犬である。
しかし、その薬もあと4回分程で無くなりそう。(丁度1週間分だった模様)
デザート生活も終わりが近い。
肝心のクシャミは、治まってきたような……そうでもないような。
フード量を、朝34g・夜33gに。



14日(日) 生後75日目
11日から相方が在泊中。
「動物スキーとりわけ犬スキー」であることは十分に知っていたが、犬主の熟練度には改めて驚かされる。
なにより「遊ばせ方&あしらい方」が上手い。長い時間遊んでも犬を興奮させすぎることもなく、また自分が疲れすぎることもない。この4日間、押しつけも同然に「遊び担当」を任せっきりにしていたが、見ているだけでもとても勉強になった。
…とはいえ、相方も柴犬のパワフルさには押され気味。はらっても押さえても向かってくる様子にしばしばひき、髪の毛&耳を囓られて悲鳴を上げてもいた。
子犬にしてすでにこの「疲れ知らず」…どうやら猟犬の血は伊達ではないらしい。
体重測定7回目。2.6kgでした。



13日(土) 生後74日目
昨日今日と「サンダーイブニング」な2日間。日が落ちてから雷がものすごい。
昨夜に至っては、台風並みの雨まで降って、とても「外トイレ」に出せる状態では無し。どうしたもんかと思っていたが、鈴音嬢も外の雨加減には辟易したらしく、いつもなら開くなり飛び出していく窓際で外を眺めたまま動こうとしない。
「外は無理」と納得してもらったところで部屋の隅に「外トイレ」と同じ量の新聞紙を敷くと、意外な程すんなりと排便し、なんとも簡単に終了となった。
……「外トイレ」でもこれくらいすんなりと排便してくれると助かるんだけどね。
フード量を1回33gに。少しふやかしてます。



12日(金) 生後73日目
今日は、年に2回のオタク祭の日。(知る人は知る「コミケ」ってやつデス)
諸々あって、今回は自分の出展は無し。でも相方の手伝いに駆り出されているので、結局は例年通り動くことに。
…てなわけで、朝7時〜夕方5時までの超長時間留守番(親父アリ)となった。
朝の食餌と排便は済ませたが、例によって外トイレで排便せず…かなりドタバタとした出掛けになってしまう。(結局タイムオーバーで、「バルコニーに放流→即ウンニョ体勢→新聞キャッチ」で妥協)
また、父が在宅ではあるものの、排便の世話以外はノータッチで、留守番スタイルに変わりは無し。連続10時間も留守番させたことなどなかったので、色々気になって一日中悶々としていた。
もちろん(?)心配は希有に終わり、帰宅した時、鈴音嬢は部屋のド真ん中で爆睡中…むしろ「あ〜帰ってきたんかい?」てな風だった。(大物?)
ただ、やはり退屈だったようで、夜の食餌の後、昼間のヒマヒマさを取り返すが如く、相方(計4匹現2匹の犬主)にケンカを売っていた。
体重測定6回目。2.6kgでした。



11日(木) 生後72日目
明日から会社はお盆休み。
3週間も休んだあげく、今週頭に復帰したばかりの身で、「夏期休暇」ってのも気が退けるが、ここはひとつ開き直ってフル日程(12〜16日)で取ることに。
それはそれとして、今日は「外トイレ問題」を打開すべく、トイレを屋根のないバルコニーから屋根のあるベランダへと移動した。
当然ながら、今のところ全然しない。
トイレだけでなく、いつかの「昼間外暮らし」に備えてかなりのスペースを取っているのに、まるで段ボールに閉じこめられたかのように鳴き喚く。
ご近所に悪いのと自分が辛抱できないのとで、結局は「バルコニーに放して、ウンニョ体勢になったらすばやく新聞紙で受け止める」という原始的スタイルで妥協してしまっているが、これじゃ「雨の日は大変。そもそもするまで追っかけ回すのは大変」に変わりなし。一体どうしたらいいものか……。
ギリギリまで部屋に入れて我慢させ→トイレスペースに放す…で、行っているが、効果はいまひとつ。(そもそもトイレの場所変えすぎなんだな……)
フード切替完了。1回32gになりました。



10日(水) 生後71日目
昨日の朝あたりからクシャミをするようになった。寝起きや、食餌の後、排泄の後など、なにかとつけて連発している。
風邪か!? エアコン? それともシャンプー??…原因は分からないが、とにかく回数がものすごい。
食欲もあるし、ウンニョも正常。
大丈夫だとは思うし、犬飼いフレンズからも大丈夫だろうと言われたが、病院が週末から夏期休暇に入るので、その前に診てもらった方がいいかな…と、念のため病院へ。仕事を早退して、バッグ詰めで車でGO。
しかし奴さん…前回の「初体験」がよっぽど堪えたのか、逃げだそうと必死!
行きも帰りも大暴れで、ウンニョをぶり巻く始末…車も飼い主も犬もウンニョ臭いという誠に無様な状態だった。
病院がこれまた混んでいて、診察までに1時間、会計までに30分は待ち。
帰った時には、犬以上に飼い主がへばっていた。(とほほ)
ちなみに、診察の結果は、「風邪……かなぁ」とのこと。ハッキリしないのは、症状がクシャミオンリーだから。(飼い主はアレルギーも疑ったが、この月齢では、そういった類の症状はまだ出ないらしい)
結局、「大丈夫だろうけど念のため」で風邪薬を処方され、帰宅。
無駄足(むしろ疲れに行った?)感も強いが、安心感は得られたので、夏期休暇前の保険としても行って良かった。
その薬は、自分が小児外来にかかった以来の液タイプ。「甘く作っておいた」とのお言葉通り、鈴音嬢はすっかりお気に召したようで、食後のアイスクリームよろしくペロペロ舐めていた。(やれやれ)
診察料500+風邪薬2000+外税=2625円



9日(火) 生後70日目
3大悩みのひとつである「外トイレ」。
相変わらず、目が離せない状態ではあるが、毎回寸前にトイレに担ぎ込んではバカ褒めした効果か、徐々にトイレで排便するようになってきた。
しかし、今更ながら、この方法は問題があることに気が付いた。「外トイレ」のあるバルコニーには屋根がない…要は、雨の時に困る。
もう一方のベランダ(屋根有り)に移すべきなのか…そうなるとまた1からやり直し?なんか、トイレを躾けられないダメ飼い主(「頻繁にトイレを移動させたため犬が混乱する」という事例)を地で行っているような気も……。
フード切替進行中。ミックス率は7:3に。



8日(月) 生後69日目
育犬休暇も明け、今日から仕事に復帰。しかし……振り返ると、この3週間何もしていない気もする……。
今日は家族が在宅だったが、それでも誰もいない時と同じシフトで過ごさせる。
昼休みで戻った時は、部屋の真ん中で直立横倒し姿勢で爆睡。夜、帰宅した時も、やはり爆睡中。家族の話だと、終日静かにしていたということ。
どうやら分離不安は全くない模様。
でも、ほとんど構わなかったとはいえ、今日は家族がいたからなのかも?
留守の間どうしてるのかが気になるところ。「ペットカメラ買っちまえな!」などと浪費の悪魔が囁いたりも。
フード切替進行中。ミックス率は5:5に。



7日(日) 生後68日目
2時と5時に続けてウンニョで起こされ、中途半端に寝直したせいか、次に目が覚めたらなんと14時! もちろんなにもかもほったらかしで、慌てて超遅い朝食を与える。(ゴメンよ!)
それはそうと、今日で我が家に来て3週間目。毎日身体を拭いているが、そろそろニオイが気になってきた。
今日で育犬休暇も終わりだし、週末には相方が来る…悩んだ末、初シャンプーを試みることに。
風呂場にて孤軍奮闘。タイマン勝負。
やたら音が響く部屋に入れられた不安からか、キュンキュン鳴き、どうにか逃げだそうとクルクル回っていたが、水やシャワーは意外にも嫌がらず。シャンプーに至ってはむしろ気持ちよさげで、カシカシされる度に首を左右に傾げていた。
なにぶん初めてなので無理はせず、頭は洗わず肛門も絞らず――先週病院で絞ってもらったばかりだしね――で終了。タオルで念入りに拭いた後、天気も良かったので、日光浴ついでにベランダで天然ドライヤーにて仕上げの乾燥をして、無事作戦完了となる。
まだ初回なのでなんとも言えないが、どうやらシャンプー嫌い(断固拒否)ではないようで一安心。
その後、爪切りにも挑戦。暴れるかなとも思ったけど、氷に夢中になってたせいか珍しく足を掴まれても気にせず、4足計14本ともカット成功。むしろ、ヤスリを掛ける余裕もあったほど。(奇跡?)
サッパリした鈴音は、その後ハイテンションで飛び回っていた。
なかなかに充実した…しかし、どっと疲れた日曜となった。
フード切替進行中。ミックス率は3:7に。



6日(土) 生後67日目
「甘噛み」「無駄吠え」「外トイレ」……今のところの3大悩み。
気が付けば、誰しもが悩むポイントにズッポリはまっている。
しかし、ここのとこ「抑える」のに必死であることもまた気になってきた。犬にもストレスが溜まるだろうし、なにより自分が疲れる。ここはひとつ「相手は赤ちゃんなんだ」と諦める(?)ことに。
諦めた末の対処法は、「スルー」。
「甘噛み」は口が当たる前に避け、「無駄吠え」はとにかく無視、「外トイレ」はそぶりを見せたらトイレに運搬……むむっ、コレって結局逃避なのでは? 「お犬様育成」の道を着々と歩んでいるのでは??
悶々と悩みつつ、今日もまた「スルー」。
フード切替開始。1:9でミックス中。



5日(金) 生後66日目
カラーを気にして首を掻くこともほとんど無くなったので、今日からずっと付けておくことに。ついでに、注文しておいた迷子札を装着。(効果より装飾品としての目的が大きいかな?)
さほど検討もせず、検索で出たサイトで注文したのだけど、デザイン的にもよかったし、仕上がりも悪くなかったので、なかなかに満足。

[注文先]
ペット・グラフィックプロダクト
お値段1260円。注文の翌々日に到着。



4日(木) 生後65日目
「甘噛み」も酷いが、ここに来て「無駄吠え」にも悩まされている。
排便を知らせる時に鳴くのは仕方ないとしても、排泄後や遊んだ後など、サークルに戻す度に鳴くのは頂けない。
おまけに、無視してるとだんだん勢いに乗ってくるのか、吠えるようにもなってしまった。すかさず「イケナイ!」と叱っているが、例によって効果無し。さらに吠え返すこともある。(なんてこった!)
空き缶にビー玉を入れた「天罰缶」を作って、見えないところへ見えないように投げつけているが、これまた反応は薄い。
どうも「音」に対して鈍感な様子……耳が悪いわけではないようだし、過敏に反応されるよりはずっといいけれど、音でお仕置きができないのは何とも困った。
仕方がないので、「イケナイ!」と同時にサークルやフェンス蹴って脅かしている。(カバー越しだから何をされているか見えてはない……ハズ)
さすがにこれはビビるらしく、すぐに静かになるが……これまたこの手を使ってよかったのか悩む。
「酢水スプレー」がいいとも聞くが……こういう場合、あらかじめ手にしている訳じゃないから、即時のお仕置きとはならないし……う〜む、どうしたものか。
体重測定5回目。2.3kgでした。



3日(水) 生後64日目
「甘噛み」が本当に酷い。
ロープのオモチャで遊んでいても、ロープではなく根本(手)に飛びついてくるし、ヘッヘッへ……と近づいてきていきなり本気で噛み!というのも珍しくない。
その都度、激しく「イケナイ!」と叱っているが、反応は「ナンジャワレ!」。「ビックリして放す」とか全く無い。逆に鼻先に飛びついて噛もうとする始末。
「体罰は絶対ダメ」はどこでも言われてることなので叩いたことは無いが、どうにも言葉(と態度)だけでは効果がないので、ここのところは、「噛んだら『イケナイ!』と同時に上あごを掴む。もしくは、口の中に手を突っ込む」という作戦でいっている。(その後は、すぐさまフェンスを越えて届かないところに移動し、ひたすら無視)
しかし……やっぱり効果は今のところ見られない。「キャン」とか「ヒャン」とか言ったためしもないし、「シッポを腹に巻く」「耳を寝かせる」「上目遣いで後退り」とかも一切無し。(見たこと無い)
この方法は無駄(むしろダメ)なのか?
それともまだまだこれからなのか??(たぶんそう)
一番の問題は、余りに噛みが激しいので遊ぶ時間も短くなってきてること、人間側がイライラすること。
そのうち勢いでぶん殴りそうな気がして、暗い気分にもなったりもして……一種の「育児ノイローゼ」気味。
「ワニガメ」に改名すべきかも……。



2日(火) 生後63日目
今日はまたとりわけ暑い。
すっかり「ウンニョは外」なので、基本3回(時に4回)ベランダに出しているが、なかなか外トイレですんなりとはいかず、出るまで閉じこめの日々。
これがまた30分は当たり前で、ヒャンヒャン鳴く当人も、横でひたすら耐えるウン処理部隊もヒジョーに辛い! 毎回汗だくになっている。
人間はウン処理の度にシャワーを浴びているが、犬の方はそうもいかず、手足と腹〜ケツを拭くのみ。
さすがに暑かろう……と、今日「氷」を与えてみた。
はじめ、新しいおやつだと目をランランに光らせ、スワレの静止も聞きもせずビョンビョン跳ねていたが、いざ手に入れるとおっかなびっくり。くわえるがすぐに放し、舐めるのもそこそこに足でつっついてはサァーッっと滑る様にビビって離れる…を繰り返していた。
結局、追い回してるうちに相手が溶けて終了。絨毯を濡らしただけとなったが、なかなかお気に召した様子。
しばらくはオモチャとして使えるかな?
カラーをあまり気にしなくなりました。



1日(月) 生後62日目
犬を飼うにあたって、最初の世話が肝心……と、育児ならぬ育犬休暇をとっている。本当は7月末日までだったけど、今日から4日まで家族が旅行のため不在。まだ「留守番」に不安があることもあり、1週延長することに。(職場からは避難ゴーゴーだったが理解はしてもらえる)
そうはいってもやはり留守番させるのに慣らさねば……と、先週から続く「留守番作戦」をワンランクアップ。会社に行っている時間(定時シフト)は、なるべく出掛けたり別の部屋にいるようにして過ごしてみる。
結果――出掛けに鳴くこともなく、戻ってきたのを見てコーフンすることも無し。
どうやら分離不安はなさそう。
しかし、「おかえり〜 寂しかったよ〜」ってなシッポ振り振り&飛びつきも一切無いのは、それはそれで寂しい気もする。

※ここ数日写真がないのは、愛知万博ツアーに出掛けてる弟にデジカメを持っていかれたためでゴンス。
体重測定4回目。2.2kgでした。