2005年7月

31日(日) 生後61日目
昨日のことがあったので早速外トイレを設置する。しかし、やっぱりというか、そこではテコでもしない。回りを囲うと、ギャンギャン鳴きわめくし、そぶりを見てたところでトイレに強制連行するも、便意が引っ込んでしまい、まるでダメ。1時間以上ただ暴れ回る。ここはまた根気強くやるしかないみたいだ。(ポイントが決まってればそこをトイレにするんだけど、これがまたバランバラ……)
「散歩に出るようになれば、外でしかしなくなる」と聞くし、不本意ながらそれに期待するしかない気もする。(トホホ)
なお、ここに来てさらに悩みが。
それは「甘噛み」。
とにかく激しい! まるでトラバサミで、カプカプもなくいきなりガッチリ挟まれ、なおかつ左右に振り回される……ハンパ無く痛いし、なによりイカ〜ン!
対処法として、遊ぶ時はビターアップルを手に塗り、アニマルミトンをはめ、噛んだら叱って→無視を決め込んでいるが、今のところ効果は全く無し。
「押さえつける」「マズルをつかむ」は、「すると良い」「絶対いけない」と本やサイトによってバラバラだし……ああ、一体どうしたらいいのやら!
噛むならヒズメかオモチャにして下さい!



30日(土) 生後60日目
ついにビニールシートの範囲から出るようになった。
まだプランタの中身には興味を示さないが、落ちてる葉っぱや園芸用具は気になる様子。口に入れることがないように気をつけねば……。
それと、シート外に出るなり、好きなところで排便するようになってしまった。
これまた、人工芝なので非常に始末に手こずる。ほじくり出したあげく、水でしつこく洗い流したが、大変骨が折れるし、何より困る! 早急に外トイレを作らねば。

夕方、知人と親戚が遊びに来る。
なるべく多様な人と触れ合わせたいと思っているが、会社の同僚は仕事があるし友人は遠距離揃い…地域交流のない負け犬予備軍が飼い主ではなかなか難しいところ。
鈴音は、人見知りもせず大はしゃぎ。
たっぷり遊んでもらってよほど疲れたのか、いつもの「夜の一暴れ」は休止。
やはり、代わる代わるいろんな人に来てもらって、パワーを発散させる必要があることを痛感する。(飼い主独りでは到底身が保たない)
私に”だけ”尻尾を振らず……。



29日(金) 生後59日目
明日で生後60日目ということで、ワクチン注射に行く。
ブリーダーさん推薦の病院で、ネットでもなかなかの評判。ただし、徒歩では辛い距離の上、「いつも混んでいる」というのが考えどころ。おまけに徒歩2分の場所にも、最近開業した病院があるし……。悩むも、休日・夜間も対応は心強いし、友人の助言もあり、そこに決める。
バッグに詰め、車でGO。路駐だGO。
病院は噂通りコミコミ。予め電話をして、「17時に」との約束で行くが、軽く10人待ちで、1時間ほど待たされる。
飼い主は「初・動物病院」で、飼い犬は「初・外出」。子犬オーラのせいか、ひっきりなしに話しかけられるが、すべておばちゃん会話で居心地は良くなかった。(なぜおばちゃんは、相手の都合などカンケー無しに、他人の犬を撫でくりまわしたり、おやつをあげようとしたり、自分の犬を近づけたがるのか……)
待合室は苦痛だったが、診察は恐ろしくスピーディーで快適だった。
診察台が体重計になってるので、上げた時点で体重測定(2.1kg也)→各部を触診しつつ問診→体温計ったついでに体温計に付いたウンニョを顕微鏡診断(寄生虫は無し)→助手に抱っこさせ心音チェック・爪切り・目薬・耳掃除→診察台に下ろしたところで後門絞り→いざ注射……こんな感じ、時間にして3分程。終始大ビビリの鈴音は、注射が痛いとか感じる余裕も無かったらしく、一言も発せず震えて終わる。(むしろ石像と化していた)
石像になった鈴音は、帰ってもなお固まったまま。ワクチンでだるいのか、ほとんど動くことなく寝てばかりいた。
次回のワクチン注射は8月末。それが終わったら晴れて外に出られる! 早く、散歩やら遠出やらしたいもの。
8種ワクチン+フィラリア薬で9400円也。



28日(木) 生後58日目
「ベランダに出して外に慣れさせる&日光浴だ作戦」は地道に続行中。
まだビニールシート上から出られないが、グルグル歩き回っては回りを興味深くチェックしている。
と、ここに来て排泄スタイルに変化が。
相変わらずサークル内トイレではまずしない――サークル内に入れたケージの扉でナンチャッテフェンスを作って区切ったら、小の方だけは時々するようにはなった――し、小=サークル外トイレ(ほぼ確実)、大=ウンニョ用トイレ(命中率悪し)となっていたのだが、初めて外に出した時勢いで排便したせいか、排便を外でする…むしろ、便意をもよおすと「出せ出せ」と訴えるように。
むむむ…これは「良い傾向」? 始末がラクチン(たとえポイントをミスっても掃除が楽)なので、有り難いけれど。
やっぱり行動範囲が広くなるにつれ、サークル内=家→部屋=家という感覚になってきたんだろうか??
でもオシッコは抵抗無くトイレでするんだけどね……。
「名前」で「アイコンタクト」が可能に。



27日(水) 生後57日目
鈴音が来て10日が過ぎた。
育犬休暇を気取って仕事を休んでいる(もともと裁量契約なので勤怠規則は存在しない)が、その休業期間も月末まで。
自宅開業者の父がいるとはいっても常時ではないし、チャリ通5分を生かして昼休みには帰ってくるが、それでも午前・午後に4時間づつは不在となる…つまり来週から否が応でも留守番生活がスタートする。そのため、今日から本格的に留守番の練習を開始。平日のタイムスケジュールで行動することに。
問題の留守番は、まだフル留守番ではなく、留守にするのは1時間程でそれ以外の時間はおもちゃとおやつ(目下、ミミガー詰めコング)を与え、一切構わず放っておくというスタイル。
常に同室にいるし、息を潜めてるわけでもないから無意味な気もするが、こちらから構わなければ、コングを囓った後は即寝に入って、最低3時間は爆睡している。
たとえ目が覚めても、サークルから出せとは言わず、水を飲んで再び爆睡。
やはり人間が同室にいるからかもしれないが、なかなかに良い塩梅。
このまま自然に留守番対応型生活に持ち込みたいもの。(できるかなぁ?)
早くも「コング」で目の色が変わります。



26日(火) 生後56日目
台風接近!
先日の地震といい、交通混沌地帯・首都圏の通勤者には頭の痛いところ。チャリ通の身には(それ以前に育犬休暇中)対岸の火事見物状態だが、かつてを思い出してはしょっぱい気分にもなる。(ついでに低気圧性偏頭痛に苦しめられる)
して、お犬サマ…昨日から変化した排便シフトは継続中。さらに今日は昼の排便が無く、朝食直後・夕食直後・寝る前の3回になった。
たまたまかもしれないが、これで固定してくれると助かるなぁ…。(望薄)
食餌のフード量は、朝27g・夜30g。
便の状態も良好なので、明日から30g台に突入か!?
台風には全く動じませんでした。



25日(月) 生後55日目
子犬は別名「ウンニョ製造機」とも言うそうだが、思ったより回数は少ない。
おそらく食餌が1日2回なのと、初めの下痢にビビッた飼い主が、餌の増量具合を抑えているからなのだろうけど、せいぜい1日2回か3回。シッコ回数・10回前後と比べるとなおさら少なく感じる。
その排便…一般的には「食後」とされているが、鈴音嬢は、目下のトコロ12時と24時にする。食餌を基準とするなら約5時間のズレ。
なぜ? やはり1日2回の食餌は少なすぎるのか? ギリギリまで栄養を搾り取っているのか?? しかしこのままののシフトで行かれると、いずれ留守番させた時に昼の排便時に戻ってこられない(昼休みは14〜15時ぐらい)…これは困る!
…などと思っていたら今日、唐突に食直後にも排便するようになった。
時刻にして、朝8時と夜20時。今までの12時・24時も健在で、計4回に。
確かに、ここにきて1回の餌の量は25gまで増えたし、おやつにミミガー(の細切り)や、躾けご褒美として1回につきフード1粒→1日約10粒も与えているから、それが便意に繋がってるんだろう。
にしても、子犬のバイオリズムは敏感すぎてワカラン!
掃除機を掛けるが、やはり気にしない。



24日(日) 生後54日目
サークル内トイレでしないことと、ウンニョをトイレでしてくれないことを除けば、まずまずのトイレ成績。まだ目は離させないものの、トイレでのオシッコは90%以上の成功率に。「ワンツー」もほぼ定着で、思わぬトコロで……というのは無くなった。
しかし悩みはトイレだけにあらず。
飼育指南の本やらサイトやらで「日光浴させましょう」とあるが、家に来てまだまるっきりさせてない。
いずれ「昼は外、夜は中」にするつもりなので、そうなったら日光浴などし放題。
でもまだワクチン前の身……外に出すのははばかられる。はばかられる……にも係わらず、今日出してしまった。
無駄かなと思いつつ、シートを敷いて直置きにならないように――バルコニーだけどガーデニング仕様なので土やら肥料やら散乱している――すると、シート内から一歩も出ようとしない。むしろガタガタ震えている。
1分と経たないうちに、勢いよく放水。その上、まき散らすかのように、ブリブリと排便。さらにヒャンヒャン鳴く。
う〜む……刺激が強すぎた模様。
日光浴作戦は3分でしゅ〜りょ〜
体重測定2回目。2.0kgでした。



23日(土) 生後53日目
昨日の食糞がショックだった……てわけじゃないが、犬飼いフレンズの助言により、はじめのスタイル(=サークル外トイレで自主的にさせる)に戻すことに。
(優柔不断な飼い主でスマンね〜)
それでも絨毯まんま露出は不安なので、保険として屋外でも使える撥水ラグを敷いてみる。(「犬小屋生活」シフトだけど、ビニールシートよりはなんぼかマシ)
で、もとのもくあみなトイレ。昨日の今日なのに、やはりサークルでは用を足さない。かなり大きめのサークルなので、スペースが足りないわけではないだろうに……何故だ!?やはり、ベッドとトイレが同部屋にある拘置所状態は、耐えられないのか?
などと考えていたら、夕方に地震が!
しかも震度5強!!幸いにして、体感震度ほどには揺れず、何一つ落ちなかったけど、さすがにちとビビリ。トイレの悩みも一時吹っ飛んだ。
「スワレ」が指示だけでできるように。



22日(金) 生後52日目
サークル外トイレで排泄するようになったといっても確実ではなく、そもそも留守番のことを考えるとサークル内のトイレでもできるようになってもらわねば困る……そんなわけで、往生際悪く模様替え。
サークル内に入れていたケージを外に出して横付けし、サークル内を全面トイレ仕様(新聞紙&トイレシート敷き)に。もちろん両方の入り口を合わせて、自由に行き来ができるようにも。
初めはケージに閉じこめられたと思ったのか、ギャンギャン鳴いていたが、すぐに諦めケージ内でふて寝。
やがてもよおしたたのか、もじもじし始め……思惑通り、サークル内で排尿!
その後も数回用を足すが、とまどう様子はなく、横付け作戦は見事成功!!
しかし、それはオシッコのみの話。
ウンニョはすんなりとはいかず、便意の訪れと共に激しく鳴く鳴く!
結局、夜半までストは続き、なんとか耐えに耐えた人間側の勝利。サークルの中で排便となり一安心。
が!その直後(瞬時)、なんと食糞!
今まで口に入れるどころかニオイすら嗅ごうとしなかったのに、猛烈な勢いでバクバクと丸囓り。この勝負、見事にドローとなる。(むしろ、泥沼化か!?)
「あてつけ」で食糞することもあるらしい。



21日(木) 生後51日目
サークル外トイレでオシッコをするようになった。離れたところにいるとその辺でしようとするが、誘導すると上手くいく。
それに、毎回「ワンツー」の声掛けをした成果か、「ワンツーは?」と言うと自分からトイレに行ったりもする。
ただ、これはオシッコのみ。ウンニョは必ずと言っていいほど一番離れたところでする。(誘導しても全くダメ)
そこをウンニョ用トイレにしてしまえばいいのだろうけど、なにせドアの真ん前(しかも内開き)なので、そうもいかず……。
新たな悩みの種が発生。
そんな状態なのに、ビニールシートを退けてしまった。どうにもこうにも「犬小屋生活」に耐えられなかったので、掃除ついでに撤収。
一応、トイレ周辺とウンニョポイントまわりは防御してあるが……これが吉と出るか凶と出るか……。
掃除機は平気へっちゃら無反応でした。



20日(水) 生後50日目
ゲリンチョから復帰の模様。
あれから便の調子も良いので、今日は薬の投与は止め。餌の量もちょっぴり増やして、朝晩共に18gに。
トイレの方は、シートの上でしかしなくなってきたので、段々範囲を狭めて、本来サークル外トイレ(いずれの室内トイレ)として用意したスペースに誘導中。3回に1回はそこでするようになった…気が。
しかし、シートの白で埋め尽くされていた床がビニールシートの緑に変わって、ますます「犬小屋生活」じみてきたかも。
寝る前に床を掘る!激しく掘る!!



19日(火) 生後49日目
なんとか下痢の方は治まった様子。
逆に絞りすぎて焼き物のような便になりつつあるが、一応、今日一杯は薬も飲ませて様子を見ることに。
餌の量も朝15g→夜17gと少し増やす。
あと、そろそろ本格的にトイレのしつけをすべく――それまでは「そぶりを見せたらトイレに連れて行く」「オオゲサに褒める」なんて余裕もなく、ただ見てただけ――ご褒美としてフードを1粒づつあげているので、1日合計は28g弱かな。
そのトイレ……もはやサークル内トイレは飾りと化してきた。トイレトレーを置いているから、それを嫌ってるのかと思い、新聞紙とシートだけにするも、ただビリビリにされて終わる。(とほ〜)
サークル外も、数カ所に絞れてきたもののまだ勝手気まま。とりあえず中央とサークル側ではしなくなったので、そこだけシートを取り除いてみる。
まだまだ「脱・犬小屋生活」は遠い。
今更ながら体重測定。1.9kg也。



18日(祝) 海の日 生後48日目


6時頃に鳴く。やはり、「排泄じゃ出せ出せ」と催促している様子。
生理現象の為とはいえ、このまま「鳴く→出す」で行って良いものかと悩むが、無視していると1時間以上我慢しているので、体調を考えると放置もできず……現在2番目の懸案事項となっている。
で、1番の懸案事項は、もちろん下痢。
昨夜・朝・昼・夕と丸一日続いている。
なにぶん元気なので、疲れと餌の量が原因だろうと、食餌を――昨日の反省からデジタルスケールを購入し――小分けの量(約23g)からぐっと減らした15gにして様子見。あと、ブリーダーさんに状況をメールで伝えておく。
21時をまわったところでブリーダーさんから電話。「すぐに下痢止めを飲ます必要がある。こういう場合は電話で!」とお叱りを受ける。(ごもっとも)
近所を回りに回って、なんとか下痢止めをゲット→飲ませる。その直後に形のある便をするも、薬の効果かは不明。
なお当の本人(本犬?)は、ハイテンションでカメを振り回していた……。

おまけ。
薬局で「テスミンありますか?」って訊いたら、「ケシミン」が出てきたよ……。
1日以上下痢が続くととてもよろしくない。



17日(日) 生後47日目


9時過ぎに起床。(人間が)
見ると、排便・排尿の様子は無し。サークルを出てから続けてする。
その後に食餌。「子犬の内は3〜5回」と本にはあったが、ブリーダーさんのやり方を継いで、1日2回に。昨日と同じく小分けの量(ただし目分量)を与える。
しかし、多かったのか、夕方・ウェットな便→夜・下痢に!
また、ほとんど鳴かないが、排便時に続いて排尿時も鳴くようになる。…というか早くもサークル内トイレで全く排尿しなくなる。膀胱炎がナンボジャな勢いでテコでもしない!(5時間で人間がギブ)
だが、サークルから出すと、好きなところ(毎回全然違う)でやるので困った!(囲うとこれまたギャンギャン鳴くし……)
とりあえず床一面にビニールシート+新聞紙&トイレシートを敷いて、なんとか床(絨毯)を防護するも、完全に「人間が犬小屋に住む」という図式に。(とほほ)
なんとかトイレを早く躾けたいもの。
エサはちゃんと量らないとダメですね。



16日(土) 生後46日目




ついに引き取りの日。
車の中ではガチガチに固まってたのに、着くなり超ハイテンション。
サークルに入れ、水を与えるが、速攻お皿をひっくり返されたので(しかも2回続けて)ペットボトルタイプにチェンジ。すぐに慣れてゴクゴク飲む飲む。
その後は、カメのぬいぐるみと格闘→寝るを繰り返して夜まで過ごす。
初犬飯は夜。量は渡された小分け(少し少なめとのこと)をそのまま与える。
よく食べ、よく飲む。ちっとも鳴かないし、かといって怯えた様子もない。オシッコもいきなりサークル内トイレで成功。その後も続けて成功。ウンニョをしない(気配もない)のが気になるが…まずまず。
と思いきや、1時過ぎて急に激しく鳴き出す。「初日のお約束・夜鳴き」かと無視していたら、なんと山盛りに排便!偶然かサークル内トイレの上に、見事な前方後円墳が形成されていた。(トホホ)
夜中の2時に独りウンニョを片付け、ちとしょっぱい気分になりつつも、なんとか初日は無事に終了。
どうぞ末永く宜しく!
「排便時に鳴いて知らせる」をしみじみ実感。